YOU ARE DOWNLOADING DOCUMENT

Please tick the box to continue:

Transcript
  • vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    2019 年 12 月 19 日vRealize Automation 8.0

  • 最新の技術ドキュメントは、 VMware の Web サイト (https://docs.vmware.com/jp/) でご確認いただけます。 このドキュメ

    ントに関するご意見およびご感想は、docfeedback@vmware.com までお送りください。

    VMware, Inc.3401 Hillview Ave.Palo Alto, CA 94304www.vmware.com

    ヴイエムウェア株式会社

    105-0013 東京都港区浜松町 1-30-5浜松町スクエア 13Fwww.vmware.com/jp

    Copyright ©

    2020 VMware, Inc. All rights reserved. 著作権および商標情報。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 2

    https://docs.vmware.com/jp/mailto:docfeedback@vmware.comhttp://pubs.vmware.com/copyright-trademark.html

  • 目次

    1 vRealize Automation Cloud Assembly の概要 4

    2 vRealize Automation Cloud Assembly の機能 6

    3 Before you begin with vRealize Automation Cloud Assembly 7

    4 vRealize Automation Cloud Assembly を設定する方法 19クイックスタートを使用して開始する方法 19

    クイックスタートの実行結果を確認するためのツアー 28

    ガイド付きセットアップを使用して開始する方法 43

    5 What else can I do with vRealize Automation Cloud Assembly 49

    VMware, Inc. 3

  • vRealize Automation Cloud Assembly の概要 1vRealize Automation Cloud Assembly は、クラウド インフラストラクチャにマシン、アプリケーション、およびサービスを作成して展開するために使用するクラウドベースのサービスです。

    クラウド管理者は、次のことができます。

    n ユーザーがブループリントを展開するクラウド ベンダー インフラストラクチャを構成する。

    n サービス ユーザーとインフラストラクチャ リソースをリンクするプロジェクトを設定する。

    n ブループリントと OVA ファイルをインポートして、マーケットプレイスを使用してブループリント開発者をサポートする。

    n ユーザー管理およびブループリント インフラストラクチャをプロジェクト マネージャに委任することによってクラウド リソースに集中する。

    ブループリント開発者は、次のことができます。

    n 開発ニーズを満たすまで、ブループリントを作成して反復処理する。

    n プロジェクトのメンバーシップに基づいて、サポートするクラウド ベンダーにブループリントを展開する。

    n 展開されたリソースを開発ライフサイクル全体にわたって管理する。

    VMware, Inc. 4

  • vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 5

  • vRealize Automation Cloud Assembly の機能 2vRealize Automation Cloud Assembly は、開発チームがブループリントを繰り返し開発して、指定されたクラウド ベンダーに導入できる自動化サービスを提供します。

    プロジェクト

    インフラストラクチャ

    ユーザー グループ。 リソースを保有する

    クラウド ゾーンを使用するチーム 1 の開発プロジェクト

    チーム 1 の開発展開

    インフラストラクチャ

    申請時に、ブループリントは、ブループリントおよびプロジェクトの要件に適合する、定義済みのインフラストラクチャのクラウド ゾーンに展開されます。

    クラウド アカウント

    クラウド ゾーン

    クラウド アカウントリージョン用のマッピング

    クラウド アカウント リージョン用のプロファイル

    ブループリント

    ブループリントを作成し、それをプロジェクトに関連付けます。

    チーム 1 の開発プロジェクト

    Cloud Assembly

    展開

    ユーザーは、展開されたカタログ アイテムを管理します。

    リージョン用の

    vRealize Automation Cloud Assembly の主な目的は、ブループリントを作成して、導入することです。

    通常、クラウド管理者と呼ばれる vRealize Automation Cloud Assembly 管理者は、ブループリントの開発と展開をサポートするようにインフラストラクチャを構成します。インフラストラクチャはクラウド ベンダーから開始し、vRealize Automation Cloud Assembly ユーザーをプロジェクト メンバーとして追加して、それらをクラウド アカウント リージョンにプロジェクトとしてリンクします。この時点で、ブループリントの開発を続行するか、またはプロジェクト管理者およびメンバーに開発を引き継ぐことができます。

    プロジェクト メンバーは、本番環境に適した製品になるまで、vRealize Automation Cloud Assembly を使用して、ブループリントを繰り返し開発および導入します。導入場所は、インフラストラクチャの一部としてクラウド管理者

    用に構成されます。管理者は、組織のリソースおよび予算を最もよく理解しています。

    VMware, Inc. 6

  • Before you begin with vRealize Automation Cloud Assembly 3Before you start working in vRealize Automation Cloud Assembly as a cloud administrator, you must gather information about your public and private cloud accounts. Use this checklist to help you begin adding your cloud resources.

    Before you onboard with vRealize Automation Cloud Assembly

    To... You need...

    Sign up for and log in to vRealize Automation Cloud Assembly

    A VMware ID.

    n Set up a My VMware account by using your corporate email address.

    Connect to vRealize Automation services

    HTTPS port 443 open to outgoing traffic with access through the firewall to:

    n *.vmwareidentity.com

    n gaz.csp-vidm-prod.com

    n *.vmware.com

    For more information about ports and protocols, see VMware Ports and Protocols.

    For related information about required ports and protocols, see:

    n Ports and Protocols in the Installation help

    n Port Requirements in the Reference Architecture help

    Add an Amazon Web Services (AWS) cloud account

    Provide a power user account with read and write privileges.

    n 20-digit Access Key ID and corresponding Secret Access Key

    VMware, Inc. 7

    https://my.vmware.comhttps://ports.vmware.com/home/vRealize-Automation

  • To... You need...

    Add a Microsoft Azure cloud account

    Configure a Microsoft Azure instance and obtain a valid Microsoft Azure subscription from which you can use the subscription ID.

    Create an Active Directory application as described in https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/resource-group-create-service-principal-portal.

    Make note of the following information:

    n Subscription ID

    Allows you to access to your Microsoft Azure subscriptions.

    n Tenant ID

    The authorization endpoint for the Active Directory applications you create in your Microsoft Azure account.

    n Client application ID

    Provides access to Microsoft Active Directory in your Microsoft Azure individual account.

    n Client application secret key

    The unique secret key generated to pair with your client application ID.

    The following permissions are needed for creating and validating Microsoft Azure cloud accounts:

    n Microsoft Compute

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/write

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/read

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/delete

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/deallocate/action

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/delete

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/powerOff/action

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/read

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/restart/action

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/start/action

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/write

    n Microsoft.Compute/availabilitySets/write

    n Microsoft.Compute/availabilitySets/read

    n Microsoft.Compute/availabilitySets/delete

    n Microsoft.Compute/disks/delete

    n Microsoft.Compute/disks/read

    n Microsoft.Compute/disks/write

    n Microsoft Network

    n Microsoft.Network/loadBalancers/backendAddressPools/join/action

    n Microsoft.Network/loadBalancers/delete

    n Microsoft.Network/loadBalancers/read

    n Microsoft.Network/loadBalancers/write

    n Microsoft.Network/networkInterfaces/join/action

    n Microsoft.Network/networkInterfaces/read

    n Microsoft.Network/networkInterfaces/write

    n Microsoft.Network/networkInterfaces/delete

    n Microsoft.Network/networkSecurityGroups/join/action

    n Microsoft.Network/networkSecurityGroups/read

    n Microsoft.Network/networkSecurityGroups/write

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 8

    https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/resource-group-create-service-principal-portalhttps://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/resource-group-create-service-principal-portal

  • To... You need...

    n Microsoft.Network/networkSecurityGroups/delete

    n Microsoft.Network/publicIPAddresses/delete

    n Microsoft.Network/publicIPAddresses/join/action

    n Microsoft.Network/publicIPAddresses/read

    n Microsoft.Network/publicIPAddresses/write

    n Microsoft.Network/virtualNetworks/read

    n Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/delete

    n Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/join/action

    n Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/read

    n Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/write

    n Microsoft.Network/virtualNetworks/write

    n Microsoft Resources

    n Microsoft.Resources/subscriptions/resourcegroups/delete

    n Microsoft.Resources/subscriptions/resourcegroups/read

    n Microsoft.Resources/subscriptions/resourcegroups/write

    n Microsoft Storage

    n Microsoft.Storage/storageAccounts/delete

    n Microsoft.Storage/storageAccounts/listKeys/action

    n Microsoft.Storage/storageAccounts/read

    n Microsoft.Storage/storageAccounts/write

    n Microsoft Web

    n Microsoft.Web/sites/read

    n Microsoft.Web/sites/write

    n Microsoft.Web/sites/delete

    n Microsoft.Web/sites/config/read

    n Microsoft.Web/sites/config/write

    n Microsoft.Web/sites/config/list/action

    n Microsoft.Web/sites/publishxml/action

    n Microsoft.Web/serverfarms/write

    n Microsoft.Web/serverfarms/delete

    n Microsoft.Web/sites/hostruntime/functions/keys/read

    n Microsoft.Web/sites/hostruntime/host/read

    n Microsoft.web/sites/functions/masterkey/read

    If you are using Microsoft Azure with action-based extensibility, the following permissions are required, in addition to the minimal permissions:

    n Microsoft.Web/sites/read

    n Microsoft.Web/sites/write

    n Microsoft.Web/sites/delete

    n Microsoft.Web/sites/config/read

    n Microsoft.Web/sites/config/write

    n Microsoft.Web/sites/config/list/action

    n Microsoft.Web/sites/publishxml/action

    n Microsoft.Web/serverfarms/write

    n Microsoft.Web/serverfarms/delete

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 9

  • To... You need...

    n Microsoft.Web/sites/hostruntime/functions/keys/read

    n Microsoft.Web/sites/hostruntime/host/read

    n Microsoft.web/sites/functions/masterkey/read

    If you are using Microsoft Azure with action-based extensibility with extensions, the following permissions are also needed:

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/write

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/read

    n Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/delete

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 10

  • To... You need...

    Add a Google Cloud Platform (GCP) cloud account

    The Google Cloud Platform cloud account interacts with the Google Cloud Platform compute engine.

    The Project Admin and Owner credentials are required for creating and validating Google Cloud Platform cloud accounts.

    The following compute engine permissions are also needed, depending on the actions that the user can take:

    n roles/compute.admin

    Provides full control of all compute engine resources.

    n roles/iam.serviceAccountUser

    Provides access to users who manage virtual machine instances that are configured to run as a service account. Grant access to the following resources and services:

    n compute.*

    n resourcemanager.projects.get

    n resourcemanager.projects.list

    n serviceusage.quotas.get

    n serviceusage.services.get

    n serviceusage.services.list

    n roles/compute.imageUser

    Provides permission to list and read images without having other permissions on the image. Granting the compute.imageUser role at the project level gives users the ability to list all images in the project. It also allows users to create resources, such as instances and persistent disks, based on images in the project.

    n compute.images.get

    n compute.images.getFromFamily

    n compute.images.list

    n compute.images.useReadOnly

    n resourcemanager.projects.get

    n resourcemanager.projects.list

    n serviceusage.quotas.get

    n serviceusage.services.get

    n serviceusage.services.list

    n roles/compute.instanceAdmin

    Provides permissions to create, modify, and delete virtual machine instances. This includes permissions to create, modify, and delete disks, and also to configure shielded VMBETA settings.

    For users that manage virtual machine instances (but not network or security settings or instances that run as service accounts), grant this role to the organization, folder, or project that contains the instances, or to the individual instances.

    Users that manage virtual machine instances that are configured to run as a service account also need the roles/iam.serviceAccountUser role.

    n compute.acceleratorTypes

    n compute.addresses.get

    n compute.addresses.list

    n compute.addresses.use

    n compute.autoscalers

    n compute.diskTypes

    n compute.disks.create

    n compute.disks.createSnapshot

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 11

  • To... You need...

    n compute.disks.delete

    n compute.disks.get

    n compute.disks.list

    n compute.disks.resize

    n compute.disks.setLabels

    n compute.disks.update

    n compute.disks.use

    n compute.disks.useReadOnly

    n compute.globalAddresses.get

    n compute.globalAddresses.list

    n compute.globalAddresses.use

    n compute.globalOperations.get

    n compute.globalOperations.list

    n compute.images.get

    n compute.images.getFromFamily

    n compute.images.list

    n compute.images.useReadOnly

    n compute.instanceGroupManagers

    n compute.instanceGroups

    n compute.instanceTemplates

    n compute.instances

    n compute.licenses.get

    n compute.licenses.list

    n compute.machineTypes

    n compute.networkEndpointGroups

    n compute.networks.get

    n compute.networks.list

    n compute.networks.use

    n compute.networks.useExternalIp

    n compute.projects.get

    n compute.regionOperations.get

    n compute.regionOperations.list

    n compute.regions

    n compute.reservations.get

    n compute.reservations.list

    n compute.subnetworks.get

    n compute.subnetworks.list

    n compute.subnetworks.use

    n compute.subnetworks.useExternalIp

    n compute.targetPools.get

    n compute.targetPools.list

    n compute.zoneOperations.get

    n compute.zoneOperations.list

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 12

  • To... You need...

    n compute.zones

    n resourcemanager.projects.get

    n resourcemanager.projects.list

    n serviceusage.quotas.get

    n serviceusage.services.get

    n serviceusage.services.list

    n roles/compute.instanceAdmin.v1

    Provides full control of compute engine instances, instance groups, disks, snapshots, and images. Also provides read access to all compute engine networking resources.

    注: If you grant a user this role at the instance level, that user cannot create new instances.

    n compute.acceleratorTypes

    n compute.addresses.get

    n compute.addresses.list

    n compute.addresses.use

    n compute.autoscalers

    n compute.backendBuckets.get

    n compute.backendBuckets.list

    n compute.backendServices.get

    n compute.backendServices.list

    n compute.diskTypes

    n compute.disks

    n compute.firewalls.get

    n compute.firewalls.list

    n compute.forwardingRules.get

    n compute.forwardingRules.list

    n compute.globalAddresses.get

    n compute.globalAddresses.list

    n compute.globalAddresses.use

    n compute.globalForwardingRules.get

    n compute.globalForwardingRules.list

    n compute.globalOperations.get

    n compute.globalOperations.list

    n compute.healthChecks.get

    n compute.healthChecks.list

    n compute.httpHealthChecks.get

    n compute.httpHealthChecks.list

    n compute.httpsHealthChecks.get

    n compute.httpsHealthChecks.list

    n compute.images

    n compute.instanceGroupManagers

    n compute.instanceGroups

    n compute.instanceTemplates

    n compute.instances

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 13

  • To... You need...

    n compute.interconnectAttachments.get

    n compute.interconnectAttachments.list

    n compute.interconnectLocations

    n compute.interconnects.get

    n compute.interconnects.list

    n compute.licenseCodes

    n compute.licenses

    n compute.machineTypes

    n compute.networkEndpointGroups

    n compute.networks.get

    n compute.networks.list

    n compute.networks.use

    n compute.networks.useExternalIp

    n compute.projects.get

    n compute.projects.setCommonInstanceMetadata

    n compute.regionBackendServices.get

    n compute.regionBackendServices.list

    n compute.regionOperations.get

    n compute.regionOperations.list

    n compute.regions

    n compute.reservations.get

    n compute.reservations.list

    n compute.resourcePolicies

    n compute.routers.get

    n compute.routers.list

    n compute.routes.get

    n compute.routes.list

    n compute.snapshots

    n compute.sslCertificates.get

    n compute.sslCertificates.list

    n compute.sslPolicies.get

    n compute.sslPolicies.list

    n compute.sslPolicies.listAvailableFeatures

    n compute.subnetworks.get

    n compute.subnetworks.list

    n compute.subnetworks.use

    n compute.subnetworks.useExternalIp

    n compute.targetHttpProxies.get

    n compute.targetHttpProxies.list

    n compute.targetHttpsProxies.get

    n compute.targetHttpsProxies.list

    n compute.targetInstances.get

    n compute.targetInstances.list

    n compute.targetPools.get

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 14

  • To... You need...

    n compute.targetPools.list

    n compute.targetSslProxies.get

    n compute.targetSslProxies.list

    n compute.targetTcpProxies.get

    n compute.targetTcpProxies.list

    n compute.targetVpnGateways.get

    n compute.targetVpnGateways.list

    n compute.urlMaps.get

    n compute.urlMaps.list

    n compute.vpnTunnels.get

    n compute.vpnTunnels.list

    n compute.zoneOperations.get

    n compute.zoneOperations.list

    n compute.zones

    n resourcemanager.projects.get

    n resourcemanager.projects.list

    n serviceusage.quotas.get

    n serviceusage.services.get

    n serviceusage.services.list

    Add an NSX-T cloud account

    Provide an account with the following read and write privileges:

    n NSX-T Enterprise Administrator role and access credentials

    n NSX-T IP address or FQDN

    Administrators also require access to the vCenter Server as described in the following vSphere agent requirements for vCenter-based cloud accounts section on this page.

    Add an NSX-V cloud account

    Provide an account with the following read and write privileges:

    n NSX-V Enterprise Administrator role and access credentials

    n NSX-V IP address or FQDN

    Administrators also require access to the vCenter Server as described in the following vSphere agent requirements for vCenter-based cloud accounts section on this page.

    Add a vCenter cloud account

    Provide an account with the following read and write privileges:

    n vCenter IP address or FQDN

    Administrators also require access to the vCenter Server as described in the following vSphere agent requirements for vCenter-based cloud accounts section on this page.

    vSphere agent requirements for vCenter-based cloud accountsThe following table lists the permissions needed to manage VMware Cloud on AWS and vCenter cloud accounts. The permissions must be enabled for all clusters in the vCenter Server, not just clusters that host endpoints.

    For all vCenter Server-based cloud accounts - including NSX-V, NSX-T, vCenter, and VMware Cloud on AWS - the administrator must have vSphere endpoint credentials, or the credentials under which the agent service runs in vCenter, that provide administrative access to the host vCenter Server.

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 15

  • For more information about vSphere agent requirements, see VMware vSphere product documentation.

    表 3-1. Permissions Required for vSphere Agent to Manage vCenter Server Instance

    Attribute Value Permission

    Datastore n Allocate space

    n Browse datastore

    Datastore Cluster Configure a datastore cluster

    Folder n Create folder

    n Delete folder

    Global n Manage custom attributes

    n Set custom attribute

    Network Assign network

    Permissions Modify permission

    Resource n Assign VM to Res Pool

    n Migrate powered off virtual machine

    n Migrate powered on virtual machine

    Content Library - Content Library Administrator n Add library item

    n Create local library

    n Create subscribed library

    n Delete library item

    n Delete local library

    n Delete subscribed library

    n Download files

    n Evict library item

    n Evict subscribed library

    n Probe subscription information

    n Read storage

    n Sync library item

    n Sync subscribed library

    n Type introspection

    n Update configuration settings

    n Update files

    n Update library

    n Update library item

    n Update local library

    n Update subscribed library

    n View configuration settings

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 16

    https://docs.vmware.com/en/VMware-vSphere/index.html

  • 表 3-1. Permissions Required for vSphere Agent to Manage vCenter Server Instance (続き)

    Attribute Value Permission

    Tags - Tagging Administrator n Assign or unassign vSphere tag

    n Create a vSphere tag

    n Create a vSphere tag category

    n Delete vSphere tag

    n Delete vSphere tag category

    n Edit vSphere tag

    n Edit vSphere tag category

    n Modify UsedBy field for category

    n Modify UsedBy field for tag

    Virtual Machine - Inventory n Create from existing

    n Create new

    n Move

    n Remove

    Virtual Machine - Interaction n Configure CD media

    n Console interaction

    n Device connection

    n Power off

    n Power on

    n Reset

    n Suspend

    n Tools install

    Virtual Machine - Configuration n Add existing disk

    n Add new disk

    n Add or remove

    n Remove Disk

    n Advanced

    n Change CPU count

    n Change resource

    n Extend virtual disk

    n Disk change tracking

    n Memory

    n Modify device settings

    n Rename

    n Set annotation

    n Settings

    n Swapfile placement

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 17

  • 表 3-1. Permissions Required for vSphere Agent to Manage vCenter Server Instance (続き)

    Attribute Value Permission

    Virtual Machine - Provisioning n Customize

    n Clone template

    n Clone virtual machine

    n Deploy template

    n Read customization specs

    Virtual Machine - State n Create snapshot

    n Remove snapshot

    n Revert to snapshot

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 18

  • vRealize Automation Cloud Assembly を設定する方法 4vRealize Automation Cloud Assembly インスタンスを設定して確認するには、クイック スタート ウィザードとガイド付きセットアップを使用できます。ウィザードでは、vRealize Automation Cloud Assembly および vRealize Automation Service Broker の構成に使用する値を指定するように求められます。ガイド付きセットアップではサポート パネルに手順が表示されて、ユーザー インターフェイスでの vRealize Automation Cloud Assembly の構成プロセスの説明を確認できます。

    n クイックスタートを使用して vRealize Automation を開始する方法

    vRealize Automation を初めて使用する場合は、クイックスタートを使用すると便利です。クイックスタートは、クラウド管理者が vRealize Automation を使用してリソースをプロビジョニングでし、セルフサービス カタログにポピュレートし、最初のブループリントを vSphere インスタンスに展開できるようにするために、オンプレミスの SDDC の設定を支援します。

    n ガイド付きセットアップを使用して vRealize Automation Cloud Assembly を開始する方法

    vRealize Automation Cloud Assembly インスタンスを設定して検証するには、クラウド アカウントに基づいてインフラストラクチャを構成してから、確実にすべてのものがシステムを通過するようにブループリント

    を作成して導入します。

    クイックスタートを使用して vRealize Automation を開始する方法vRealize Automation を初めて使用する場合は、クイックスタートを使用すると便利です。クイックスタートは、クラウド管理者が vRealize Automation を使用してリソースをプロビジョニングでし、セルフサービス カタログにポピュレートし、最初のブループリントを vSphere インスタンスに展開できるようにするために、オンプレミスの SDDC の設定を支援します。

    クイックスタートを使用して、次の vRealize Automation Cloud Assembly および vRealize Automation Service Broker タスクを実行します。

    n vCenter Server クラウド アカウントを追加します。クラウド アカウントは、vCenter Server インスタンスからデータを収集し、リソースを展開するための認証情報です。

    n NSX-T または NSX-V クラウド アカウントを追加し、それを vCenter Server アカウントに関連付けます。NSX Cloud アカウントは、NSX ネットワーク リソースを作成および展開するための認証情報です。

    n ユーザーをクラウド アカウント リージョンにリンクするプロジェクトを作成し、ネットワークおよびストレージ リソースを使用してアプリケーション テンプレートとブループリントを vCenter Server インスタンスに展開できるようにします。

    n 展開できるサンプル マシン ブループリントを作成します。

    VMware, Inc. 19

  • n リースとマシンの命名ポリシーを作成します。リース ポリシーは、展開がアクティブになる期間を制御します。名前付けポリシーは、リソースの標準化された命名規則を提供します。

    n カタログにテンプレートを追加します。

    n カタログからマシンを展開します。

    この用語の多くは、聞き慣れない言葉かもしれません。クイックスタートおよびツアーを実行するときに、新しい概

    念について詳しく説明します。クイックスタートを実行した後、クイックスタートの実行結果を vRealize Automation で確認するためのツアーを使用して結果のツアーを行います。

    クイックスタートは、次の状況では使用しません。

    n vSphere を使用せず、別のタイプのクラウド アカウントを追加する場合は、ガイド付きセットアップをプロセスの初期ガイドとして使用できます。

    n クイックスタートは 1 回のみ実行できます。2 回実行することはできません。ガイド付きセットアップの使用を検討してください。

    n ガイド付きセットアップの詳細については、ガイド付きセットアップを使用して vRealize Automation Cloud Assembly を開始する方法を参照してください。

    この手順では、ワークフローを示すサンプル値を提供します。これらのサンプルは、ご使用の環境に関連する値に置

    き換えます。

    前提条件

    n クラウド アカウントとして追加する vCenter Server の IP アドレスまたは FQDN があることを確認します。また、必要な権限を持つ vCenter Server ユーザー アカウントの認証情報も必要です。3 章 Before you begin with vRealize Automation Cloud Assembly の vCenter Server の要件を参照してください。

    n クラウド アカウントとして追加する NSX-V または NSX-T インスタンスの IP アドレスまたは FQDN があることを確認します。また、作成、読み取り、編集、および削除の各権限を持つユーザー アカウントの認証情報も必要です。3 章 Before you begin with vRealize Automation Cloud Assembly の NSX の要件を参照してください。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 20

  • 手順

    1 vRealize Automation をインストールして初めてログインした後、[クイックスタートの起動] をクリックします。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 21

  • 2 vCenter Server を追加します。

    すべての値は、使用事例で使用されるサンプルです。アカウントの値は環境によって異なります。

    値を入力するときには、先頭または末尾にスペースを使用しないでください。

    a アドレスと認証情報を入力します。

    b [検証] をクリックします。

    証明書が構成されていない場合は、信頼されていない証明書に関する警告が表示されます。信頼を解決する

    か、[受け入れる] をクリックして続行できます。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 22

  • c 展開先のデータセンターを選択します。

    各データセンターは、アカウント リージョンのクラウド ゾーンになります。

    d [作成して次の手順に進む] をクリックします。

    3 vCenter Server に関連付けられている NSX インスタンスを追加します。

    この例の値は NSX-T 用です。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 23

  • a NSX のバージョンを選択します。

    使用する NSX のバージョンを選択します。NSX を使用していない場合は、[なし] を選択します。

    b アドレスと認証情報を入力します。

    c [検証] をクリックします。

    ここでも、証明書が構成されていない場合は、信頼されていない証明書に関する警告が表示されます。信頼

    を解決するか、[受け入れる] をクリックして続行できます。

    d [作成して次の手順に進む] をクリックします。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 24

  • 4 最初のブループリントを展開する場所を設定します。

    このプロセスは、インフラストラクチャ内の要素を設定します。vRealize Automation Cloud Assembly および vRealize Automation Service Broker で使用される用語は、これらの用語と、ユーザー インターフェイスでの使用方法を理解しやすくするために提供されています。

    a テキスト ボックス内をクリックして、収集された値をアクティブ化し、[データセンター] を選択します。

    このページのその他の使用可能な値は、指定された認証情報に基づいて、vCenter Server インスタンスから収集されます。このデータセンターは、vRealize Automation Cloud Assembly のクラウド ゾーンになります。

    b 展開先の vCenter Server の [テンプレート] を選択します。

    このテンプレートは、vCenter Server インスタンス上の仮想マシン テンプレートです。

    自動検索を使用するには、テキスト ボックスをクリックします。

    c [データストア/クラスタ] を選択します。

    このデータストアはストレージ プロファイルになります。

    d [デフォルトのネットワーク] を選択します。

    NSX を構成する場合は、vCenter Server ネットワークではなく、NSX ネットワークを選択します。

    このネットワークは、ネットワーク プロファイルをサポートするクラウド ゾーンになります。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 25

  • e DHCP または固定 IP アドレスの接続タイプを選択して構成するには、[構成] をクリックして、環境に固有の値を指定します。

    構成するネットワーク接続がネットワーク プロファイルになります。

    f [次のステップ] をクリックします。

    この構成プロセスの一部として、クイックスタート プロジェクトが定義されています。プロジェクトでは、最終的にユーザー、インフラストラクチャ、およびプロビジョニングのテンプレートをリンクします。プロジェクト

    はツアーで確認できます。

    5 すべての展開に同じリース時間が設定され、標準の命名規則に準拠するように、リース ポリシーとマシン命名ポリシーを指定します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 26

  • これらのポリシーは、クイックスタート プロジェクトに関連付けられた展開に適用されます。クイックスタートでプロジェクトが作成されます。ポリシーを定義します。

    a リースを編集し、ユーザーがリソースを更新しない場合にリソースが破棄されるまでの時間を選択します。

    b マシン名を編集し、使用する命名規則を選択します。

    c [次のステップ] をクリックします。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 27

  • 6 [サマリ] ページで構成申請を確認します。

    n テンプレートをすぐに展開して、Cloud Assembly と vCenter Server インスタンスで結果を確認できるようにするには、チェックボックスを選択します。チェックボックスを選択しない場合、インフラストラクチ

    ャ、ブループリント、およびカタログ アイテムは作成されますが、展開されません。

    n NSX ブループリントをカタログに追加する場合は、チェックボックスを選択します。NSX ブループリントには、ネットワーク、ロード バランサ、ファイアウォール、および最重要のルーターが含まれています。チェックボックスを選択しない場合、ブループリントは作成されますが、カタログにはリリースされません。

    7 [クイックスタートを実行] をクリックします。

    次のステップ

    vRealize Automation Cloud Assembly および vRealize Automation Service Broker のツアーを実行して、インフラストラクチャの管理、ブループリントの作成、およびリソースの展開と管理の詳細を確認します。クイックスタ

    ートの実行結果を vRealize Automation で確認するためのツアーを参照してください。

    クイックスタートの実行結果を vRealize Automation で確認するためのツアー

    vRealize Automation クイックスタートを実行する場合は、ウィザードでクラウド アカウント、いくつかのインフラストラクチャ、プロジェクト、およびいくつかのブループリントを構成します。また、ブループリントも展開しま

    す。この手順のステップで、追加されたものを確認し、プロセスの vRealize Automation Cloud Assembly および vRealize Automation Service Broker 機能の一部を理解します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 28

  • このツアーで提供されている情報は、新しいクラウド アカウントを追加し、独自のブループリントを開発し、利用者がカタログとして使用できるようにするという、基本的なワークフローを再現する順序で示してあります。構成され

    たインフラストラクチャを拡張してさまざまな開発業務チームのプロジェクトをサポートするには、インフラストラ

    クチャを拡張して、より詳細に調整されたブループリントを作成できるようにする必要があります。このツアーは、

    ユーザー インターフェイスとその使用方法について理解することを目的とした開始点です。

    コンソールから開始し、次に、クラウド管理者とブループリント開発者が多くの作業を実行する vRealize Automation Cloud Assembly に進みます。さらに、vRealize Automation Service Broker に進みます。ここで、利用者が申請および管理できるカタログ アイテムを提供するための構成方法を確認します。

    前提条件

    n この手順では、クイックスタートを実行したことを前提としています。クイックスタートを使用して vRealize Automation を開始する方法を参照してください。

    n 実行していない場合は、ガイド付きセットアップを使用してクラウド インフラストラクチャの作成を開始できます。ガイド付きセットアップを使用して vRealize Automation Cloud Assembly を開始する方法を参照してください。

    n クラウド管理者ロールを持つユーザーでログインします。

    手順

    1 クイックスタートによる vRealize Automation Cloud Assembly への変更のツアー

    vRealize Automation Cloud Assembly のこのツアーは、クイックスタートで構成および展開されたものを示します。ユーザー インターフェイスを使用して説明し、後で自分で実行する可能性のあるタスクの一部を理解するのに役立つように設計されています。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 29

  • 2 クイックスタートによる vRealize Automation Service Broker への変更のツアー

    vRealize Automation Service Broker では、指定したクラウド アカウントに展開可能なブループリントなどのテンプレートのカタログを、ユーザーに提供します。ツアーのこのパートでは、クイックスタートの構成を確

    認できます。

    クイックスタートによる vRealize Automation Cloud Assembly への変更のツアー

    vRealize Automation Cloud Assembly のこのツアーは、クイックスタートで構成および展開されたものを示します。ユーザー インターフェイスを使用して説明し、後で自分で実行する可能性のあるタスクの一部を理解するのに役立つように設計されています。

    vRealize Automation にログインすると、[ID およびアクセス権の管理] と [ブランディング] タブが表示されることがあります。これらのタブについては、ツアーでは説明していません。これらは、ユーザーを追加して組織を管理す

    るときに使用します。

    ID 管理とブランディングの詳細については、vRealize Automation の管理を参照してください。

    前提条件

    n この手順では、クイックスタートを実行したことを前提としています。クイックスタートを使用して vRealize Automation を開始する方法を参照してください。

    n 管理者ロールを持つユーザーでログインします。

    手順

    1 クラウド管理者として、vRealize Automation にログインします。

    2 [Cloud Assembly] をクリックします。

    [展開] タブがアクティブな状態で vRealize Automation Cloud Assembly が開きます。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 30

    https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Automation/8.0/Administering/GUID-20708CD9-9260-4DFD-B8AD-F8820FA3A7E4.html

  • vRealize Automation Cloud Assembly の展開は、クラウド アカウント プラットフォームでプロビジョニングされるブループリントです。正常に展開されたブループリントは、管理者またはブループリント デザイナとしての最終的な目標を表します。このツアーはワークフローの理解に役立てることを目的としているため、まずクラ

    ウド アカウントへの接続から開始し、後で展開に戻ります。

    3 展開をサポートするために、クイックスタートで vRealize Automation Cloud Assembly がどのように構成されたかを知るには、はじめに、[インフラストラクチャ] - [接続] - [クラウド アカウント] を選択します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 31

  • クラウド アカウントは、ターゲット システムへの接続に使用される認証情報を提供します。指定された認証情報を使用すると、vRealize Automation Cloud Assembly はステータスの監視、情報の収集、およびそれらのシステムへのワークロードの展開を行うことができます。この例では、クイックスタートで指定した NSX および vSphere インスタンスを確認できます。

    a vSphere クラウド アカウント名をクリックします。

    アカウント名が vCenter Server の FQDN に基づいており、NSX エンドポイントが指定した NSX インスタンスと一致していることを確認します。

    NSX Cloud アカウントを確認すると、名前と vSphere エンドポイントについて同じ関係が表示されます。このユーザー インターフェイスのエンドポイントはクラウド アカウントです。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 32

  • 4 クラウド アカウントから作成されたクラウド ゾーンについて見てみましょう。[インフラストラクチャ] - [構成] - [クラウド ゾーン] を選択します。

    クラウド ゾーンは、クラウド アカウントに関連付けられているアカウント リージョンまたはデータセンターです。クラウド アカウントに複数のリージョンが含まれている場合は、そのクラウド アカウントから複数のクラウド ゾーンが作成されることがあります。たとえば、複数のデータセンターまたはリージョンがあり、それぞれがクラウド ゾーンになる場合があります。その後、クラウド ゾーンはプロジェクトに関連付けられます。これにより、特定のクラウド リソースのセットに展開するための権限をユーザーに付与することができます。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 33

  • 5 構成したネットワークを表示するには、[インフラストラクチャ] - [構成] - [ネットワーク プロファイル] を選択します。

    ネットワーク プロファイルは、特定のリージョンまたはデータセンターのクラウド アカウントで使用可能なネットワークおよびネットワーク設定のグループを定義したものです。

    6 構成したストレージを表示するには、[インフラストラクチャ] - [構成] - [ストレージ プロファイル] を選択します。

    ストレージ プロファイルは、クラウド固有のリージョンの下に編成されます。1 つのクラウド アカウントに、それぞれに複数のストレージ プロファイルを持つ複数のリージョンがある場合があります。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 34

  • 7 作成したプロジェクトを表示するには、特定の値を指定しなかった場合でも、[インフラストラクチャ] - [構成] - [プロジェクト] を選択します。

    プロジェクトは、ユーザーとリソースをリンクして、ユーザーが指定したクラウド ゾーンにのみ展開できるようにします。別の開発チームをサポートするために、後で他のプロジェクトを作成する場合があります。

    a プロジェクト名をクリックし、[ユーザー] タブをクリックします。

    このタブでは、プロジェクトにユーザーを追加できます。

    b [プロビジョニング] タブをクリックします。

    このタブでは、クラウド ゾーンを追加または削除できます。クイックスタート クラウド ゾーンがあることを確認し

    ます。

    c [プロビジョニング] ページをスクロールダウンして、[カスタム命名] を見つけます。

    カスタム命名テンプレートには、クイックスタートのポリシー セクションで選択したマシン名のプリフィックス フォーマットが含まれていることに注意してください。カスタム命名は、プロジェクトに関連付けられています。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 35

  • 8 作成されたブループリントを表示するには、[ブループリント] タブをクリックします。

    クイックスタートの一部として、3 つのブループリントがあります。マシン ブループリントが展開され、NSX-T ネットワークおよびロード バランサ ブループリントが例として提供され、展開されませんでした。

    a [プロジェクト] 列で、ブループリントがクイックスタート プロジェクトに関連付けられていることを確認します。

    b [リリースされたバージョン] 列で、各ブループリントがリリースされていることを確認します。

    c ブループリント キャンバスを表示し、ブループリントをリリースする場所を確認するには、クイックスタートで選択したブループリントの名前をクリックします。この例では、ブループリント名は ubuntu で始まります。

    d 中央には、コンポーネントをドラッグして接続するキャンバスが表示されます。

    e 右側には、ブループリントのすべての詳細を調整できる、コードとしてのブループリントの YAML エディタが表示されます。

    YAML は、ブループリント コンポーネントを定義します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 36

  • f 左側には、ブループリントに追加できるコンポーネントの検索可能なリストが表示されます。

    g ブループリントのバージョンを管理するには、[バージョン] をクリックして、すでにリリースされたブループリントのバージョンを確認します。

    リリース済みまたは未リリースのブループリントを vRealize Automation Cloud Assembly で展開できます。ブループリントを vRealize Automation Service Broker で使用できるようにするには、それらをリリースする必要があります。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 37

  • 9 [展開] タブをクリックします。

    a 展開カードで提供されている情報を確認します。

    n 展開名はクイックスタート展開です。

    n プロジェクトはクイックスタート プロジェクトです。

    n 申請者は Fritz です。これは、環境内でクイックスタートを実行したユーザー アカウントです。

    n リソース名は fritz-001 です。この名前は、クイックスタートで定義したカスタムの命名に基づいています。この命名規則を使用して別のリソースを展開する場合、名前は fritz-002 になります。

    n 電源ステータスは、リソースがオンになっていることを示します。

    n その月の有効期限がリース開始期間になります。値は、有効期限までカウント ダウンされます。

    n アクションとは、パワーオフや破棄など、実行できる展開レベルの変更のことです。

    b 展開リストの展開名をクリックすると、展開の詳細が表示され、使用可能な情報を確認できます。

    n 展開の作成に使用されたブループリントの名前。この例では、クイックスタートで選択したテンプレー

    トです。

    n [トポロジ] タブでは、展開されたコンポーネント間の関係を視覚的に表示できます。この例は単純なマシンです。展開に複数のマシン、ネットワーク、およびストレージがある場合は、より堅牢なトポロジ

    になります。

    n 履歴および監視のタブ。展開のログとしての履歴、およびアクションを使用して行った変更。監視は、

    vRealize Operations Manager と統合する場合に関連します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 38

  • n リソースが展開されたアカウント リージョン。

    n 選択したリソースに対して実行できるアクション。

    10 展開がプロビジョニングされた方法を理解するには、[インフラストラクチャ] - [アクティビティ] - [申請] を選択し、展開名をクリックします。

    申請の詳細は、展開申請の処理方法とプロビジョニング方法をグラフィカルに表示します。プロジェクト、マシ

    ン、およびネットワークの割り当てとプロビジョニングを確認して、ワークロードが配置された場所を確認でき

    ます。

    インフラストラクチャとブループリントの作成時に、申請の詳細に予期しない動作または展開の失敗に対するト

    ラブルシューティングについての情報が提供されます。

    次のステップ

    vRealize Automation Service Broker のツアーを続行します。

    クイックスタートによる vRealize Automation Service Broker への変更のツアー

    vRealize Automation Service Broker では、指定したクラウド アカウントに展開可能なブループリントなどのテンプレートのカタログを、ユーザーに提供します。ツアーのこのパートでは、クイックスタートの構成を確認できます。

    このツアーでは、ユーザー インターフェイスの学習を開始し、後で自分で実行できるタスクの一部について理解できます。

    前提条件

    Cloud Assembly のツアーを確認します。クイックスタートによる vRealize Automation Cloud Assembly への変更のツアーを参照してください。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 39

  • 手順

    1 利用者がブループリントなどのテンプレートを展開する方法を確認するには、右上隅のメニューを使用して vRealize Automation Service Broker に移動します。

    a 右上隅のナビゲーション マトリックスをクリックします。

    b [Service Broker] を選択します。

    3 つのカタログ アイテムが vRealize Automation Cloud Assembly からリリースされたブループリントであることに注意してください。

    c クイックスタートの展開内容を確認するには、[展開] タブをクリックします。

    この展開は、vRealize Automation Cloud Assembly で確認したものと同じものであることに注意してください。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 40

  • 2 カタログ内のブループリントを提供するためにクイックスタートで vRealize Automation Service Broker がどのように構成されたかを確認するには、[コンテンツとポリシー] を選択します。

    a [コンテンツ ソース] をクリックします。

    この場合、Cloud Assembly ブループリントがコンテンツ ソースです。また、Amazon Web Services CloudFormation テンプレート、vRealize Orchestrator ワークフロー、および利用者に提供するテンプレートを追加することもできます。

    b [コンテンツ] をクリックします。

    このリストには、vRealize Automation Cloud Assembly のブループリントを含む、vRealize Automation Service Broker のすべてのコンテンツのマスター リストが表示されます。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 41

  • c [ポリシー] - [定義] を選択します。

    vRealize Automation Cloud Assembly 展開に適用されるリース ポリシーを含め、vRealize Automation Service Broker のポリシーを作成して管理します。

    d クイックスタートで作成し、ツアーの vRealize Automation Cloud Assembly 部分で確認したプロジェクトとカスタム名を確認するには、[インフラストラクチャ] - [構成] - [プロジェクト] を選択します。

    vRealize Automation Cloud Assembly で確認したインフラストラクチャ オプションの一部のみが vRealize Automation Service Broker で使用可能であることに注意してください。利用者用にカタログを設定するために必要なオプションのみが提供されます。

    次のステップ

    別のクラウド アカウントを追加するには、それをサポートするようにインフラストラクチャを構成し、それをサポートするブループリントを展開して、ガイド付きセットアップを使用します。ガイド付きセットアップを使用して

    vRealize Automation Cloud Assembly を開始する方法を参照してください。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 42

  • ガイド付きセットアップを使用して vRealize Automation Cloud Assembly を開始する方法vRealize Automation Cloud Assembly インスタンスを設定して検証するには、クラウド アカウントに基づいてインフラストラクチャを構成してから、確実にすべてのものがシステムを通過するようにブループリントを作成して導

    入します。

    この使用事例は、クラウド管理者が vRealize Automation Cloud Assembly を初めて使用するときに役立ちます。Amazon Web Services のクラウド アカウントを追加して、そのアカウントに関連するインフラストラクチャを構成します。インフラストラクチャは、クラウド アカウント リージョン、ユーザーをリージョンにリンクするためのプロジェクト、導入時に使用するサイズおよびイメージ マッピングで構成されます。インフラストラクチャをテストするには、次に単純なブループリントを作成して導入します。

    クラウド

    管理者としてログインする

    プロジェクトを追加する

    インフラストラクチャ > 構成 > プロジェクト

    クラウド アカウントを追加する

    インフラストラクチャ > 接続 > クラウド アカウント

    クラウド ゾーンを追加する

    インフラストラクチャ > 構成 > クラウド ゾーン

    フレーバー マッピングの追加

    インフラストラクチャ > 設定 > フレーバー マッピング

    イメージ マッピングの追加

    インフラストラクチャ > 設定 > イメージ マッピング

    ブループリントを作成する

    ブループリント > 新規

    監視する

    展開

    展開されたブループリントを

    この開始プロセスに役立つように、次の手順がユーザー インターフェイスのガイダンスありのセットアップとして提供されています。

    vRealize Automation Cloud Assembly に初めてログインすると、ガイダンスありのセットアップ図が表示されることがあります。この図は、構成するコンポーネントが申請時にブループリントを処理する方法を示しています。[続行] をクリックして、クラウド アカウントを設定します。

    前提条件

    n クラウド管理者としてログインします。

    n クラウド アカウントへの接続に必要な認証情報があることを確認します。Amazon Web Services アカウントを使用している場合は、それらの認証情報を使用することを検討してください。詳細については、3 章 Before you begin with vRealize Automation Cloud Assembly を参照してください。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 43

  • 手順

    1 [ガイド付きセットアップ] を開きます。

    a タブ バーの [ガイド付きセットアップ] をクリックします。

    b サポート パネルで、[ガイド付きセットアップの概要] をクリックします。

    ガイド付きセットアップは、ユーザー インターフェイスに表示されているページのコンテキストに依存します。最初に表示されるガイド付きセットアップのトピックは、ユーザー インターフェイスで表示中のページによって異なります。ガイド付きセットアップの概要へのリンクは、各スタート トピックの先頭にあります。

    c ステップ リストで、[クラウド アカウントの作成] をクリックして開始します。

    ガイド付きセットアップによってクラウド アカウント トピックが開き、ユーザー インターフェイスにページが表示されます。

    サポート パネルと組み込みワークフローの情報を使用して、インフラストラクチャを設定し、ブループリントを作成し、ブループリントを展開します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 44

  • 2 クラウド アカウントを追加します。

    3 Amazon Web Services のいずれかのリージョンのクラウド ゾーンを作成します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 45

  • 4 ユーザーとクラウド ゾーンを設定したプロジェクトを作成します。

    5 small フレーバー マッピングを作成します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 46

  • 6 ubuntu-16 イメージ マッピングを作成します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 47

  • 7 ubuntu-16 オペレーティング システムを使用する小型のマシンを導入する単純なブループリントを作成します。

    8 導入したブループリントを確認します。

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド

    VMware, Inc. 48

  • What else can I do with vRealize Automation Cloud Assembly 5As a cloud administrator, you use vRealize Automation Cloud Assembly to provide blueprints to your developers so that they can deploy blueprints. To manage your cloud resources, you configure the accounts, the regions, the policies, and the projects. If it suits your organization, you can delegate the blueprint creation to project members, or you can create them yourself.

    In addition to the following suggestions, you can assign roles to your users. See Administering vRealize Automation.

    To learn about...See in Using and Managing vRealize Automation Cloud Assembly...

    Adding more cloud accounts and integrations. Setting up Cloud Assembly for your organization

    Building out your infrastructure. Building your Cloud Assembly resource infrastructure

    Using projects effectively. How Do I Set Up Cloud Assembly Projects

    Creating a multi-tier blueprint. The WordPress Use Case

    Building blueprints. How Do I Create and Deploy Cloud Assembly Blueprints

    Troubleshooting failed deployments. What Can I Do If a Deployment Fails

    VMware, Inc. 49

    https://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Administering/GUID-20708CD9-9260-4DFD-B8AD-F8820FA3A7E4.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Administering/GUID-20708CD9-9260-4DFD-B8AD-F8820FA3A7E4.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Using-and-Managing-Cloud-Assembly/GUID-025B474D-0E19-4587-B489-6D9804FFA4A2.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Using-and-Managing-Cloud-Assembly/GUID-DDFBA4F9-0038-44BE-AFBD-F53A9DC34E2C.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Using-and-Managing-Cloud-Assembly/GUID-357D436F-C8A3-4FC7-88C3-7252F1E8DB54.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Using-and-Managing-Cloud-Assembly/GUID-6EC5AFE5-3C18-4F68-A7E3-82ADD4490002.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Using-and-Managing-Cloud-Assembly/GUID-BFD33C28-ADCC-43F4-BE43-CC92B62FBE2E.htmlhttps://docs.vmware.com/en/vRealize-Automation/8.0/Using-and-Managing-Cloud-Assembly/GUID-970CA971-65B7-4747-BF35-A54C1C0B849B.html

    vRealize Automation Cloud Assembly スタート ガイド目次vRealize Automation Cloud Assembly の概要vRealize Automation Cloud Assembly の機能Before you begin with vRealize Automation Cloud AssemblyvRealize Automation Cloud Assembly を設定する方法クイックスタートを使用して開始する方法クイックスタートの実行結果を確認するためのツアークイックスタートによる vRealize Automation Cloud Assembly への変更のツアークイックスタートによる vRealize Automation Service Broker への変更のツアー

    ガイド付きセットアップを使用して開始する方法

    What else can I do with vRealize Automation Cloud Assembly


Related Documents