YOU ARE DOWNLOADING DOCUMENT

Please tick the box to continue:

Transcript
  • daikin-sauer-danfoss.com

    テクニカルインフォメーション

    OML, OMMオービタルモータ

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 20142

    更新履歴 更新日 更新内容 Rev.2008 年 4 月 写真・図面の更新 AB

    2008 年 -2010 年 写真・図面の更新 -

    2012 年 11 月 遊星歯車削除 AI

    2014 年 2 月 フォーマット変更 BA

    幅広い製品群 ダンフォスは、 世界の低速・高トルク油圧モータ市場をリードする信頼のブランドです。 弊社は形式、サイズおよび各種の出力軸等の派生機種を含めると、 3000種類以上の油圧モータを提供することができます。

    サイズ(理論的容量)は、 8 cm3/rev(0.50 in3)~800 cm3/rev(48.9 in3)と非常に幅広い製品範囲を持っています。

    回転数は最も小さい形式のもので約2500 rpm、 最も大きいモータで約600 rpmです。

    最大作動トルクは13 N・m[115 lbf・in]から2700 N・m[24.000 lbf・in](ピーク時)、 また最大出力は2.0 kW[2.7 hp]から70 kW[95 hp]と幅広い製品群が用意されています。

    特長• 全回転数範囲でスムーズな作動• 広い回転数範囲で一定の作動トルク• 高起動トルク• ドレンラインを使用しなくても高い戻り圧力[高圧シャフトシール]• 高い効率• 過酷な作動条件でも長い寿命• 堅牢でコンパクトなデザイン• 高いラジアルおよびスラストベアリング負荷容量• 開回路および閉回路への使用可能• 各種の作動油への適応可能

    幅広い製品群

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 3

    幅広い製品群(続き)

    オービタルモータのカタログとテクニカルデータ

    ダンフォスのモータは、DIN(メートル)をベースにした標準品とその派生機種である準標準型に分けられます。標準型は一般の数多くの用途に使われ、準標準型は派生機種として特殊な用途に使われ次の様な仕様のものがあります。

    • 耐腐蝕タイプモータ• ホイールモータ• ニードルベアリング内蔵モータ(OMP/OMR)• 低リークモータ(OMR)• 超低リークモータ(OMR)• ショートモータ(ベアリング無し)• ウルトラショートモータ• ポジティブブレーキ付モータ• ネガティブブレーキ付モータ• フラッシングバルブ内蔵モータ• タコシャフト付モータ• スピードセンサ付モータ• 黒色塗装

    ダンフォスの油圧モータは次の用途に使用されています。

    • 建設作業用機械• 農業機械• 林業機械• 物流、荷揚げ機械• 草刈機、芝刈機• 特殊作業車• 工作機械、一般産業機械• 船舶、舶用機械、漁船用ウインチ

    オービタルモータに関する詳細データは次のサブカタログに記載されています。

    • 一般解説、オービタルモータ 機能、使用方法、オービタルモータの種類、油圧システム等• 小型モータのテクニカルデータ OML, OMM• 中型モータのテクニカルデータ OMP, OMR, OMH• 中型モータのテクニカルデータ DH, DS• 中型モータのテクニカルデータ OMEW• 中型モータのテクニカルデータ VMP• 中型モータのテクニカルデータ VMR• 大型モータのテクニカルデータ OMS, OMT, OMV• 大型モータのテクニカルデータ TMT• 大型モータのテクニカルデータ TMV

    ダンフォスのオービタルモータの出力、トルク、回転数等の概略データは別刷のパンフレットをご参照ください。

    幅広い製品群

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 20144

    目次 OML, OMM .......................................................................................................................................................... 4回転数、トルク、出力 .......................................................................................................................................... 4

    OML ...................................................................................................................................................................... 6バージョン .......................................................................................................................................................... 6コード番号 ......................................................................................................................................................... 7テクニカルデータ ............................................................................................................................................... 8 Max. 許容シャフトシール圧力 ....................................................................................................................... 9 モータの圧力損失 ......................................................................................................................................... 9 出力軸の回転方向 ...................................................................................................................................... 10 許容ラジアル荷重 ....................................................................................................................................... 10 機能ダイヤグラム......................................................................................................................................... 11 出力軸の形状と寸法 ................................................................................................................................... 13 ポートの形状と寸法 ..................................................................................................................................... 14外形寸法 ......................................................................................................................................................... 15

    OMM ................................................................................................................................................................... 18バージョン ........................................................................................................................................................ 18コード番号 ....................................................................................................................................................... 19テクニカルデータ ............................................................................................................................................. 20 Max. 許容シャフトシール圧力 ..................................................................................................................... 21 モータの圧力損失 ....................................................................................................................................... 21 出力軸の回転方向 ...................................................................................................................................... 22 許容ラジアル荷重 ....................................................................................................................................... 22 機能ダイヤグラム......................................................................................................................................... 23 出力軸の形状と寸法 ................................................................................................................................... 26 ポートの形状と寸法 ..................................................................................................................................... 27外形寸法 ......................................................................................................................................................... 28アクセサリ ........................................................................................................................................................ 32

    油圧システム ....................................................................................................................................................... 35取付 ................................................................................................................................................................. 35スタートアップと運転 ........................................................................................................................................ 35運転時 ............................................................................................................................................................. 35保守 ................................................................................................................................................................. 35

    回転数、トルク、出力 5ページの棒グラフを使って、特定の用途に適するモータのサイズを簡単に指定できます。最終的なモータのサイズは、各モータサイズの機能ダイヤグラムを使って選定してください。

    • OMLについては、11~12ページを参照してください。• OMMについては、23~25ページを参照してください。

    機能ダイヤグラムは弊社で製造しているモータの中から代表的な幾つかを実際にテストして作成されたものです。この図は、粘度35 mm2/s[165 SUS]および温度50ºC[120ºF]の作動油を使い、戻り側圧5から10 bar[75 から150 psi]の場合を示しています。機能ダイヤグラムの読み方、および使い方については、別冊の「一般解説、オービタルモータ」520L0653の「モータサイズの選定」の項をご参照下さい。

    目次

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 5

    P301 016断続値 連続値

    Max. 出力

    Max. トルク

    Max. 回転数

    回転数、トルク、出力

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 20146

    オプション: 塗装

    取付フランジ

    出力軸形状

    ポート形状

    欧州バージョン

    米国バージョン

    サイドポートバージョン

    エンドポートバージョン

    標準シャフトシール

    ドレン接続

    チェックバルブ

    特別部品

    タイプ名

    フランジ 4×M5 円筒 16 mm G 1/4 〇 〇 〇 無 有 OML

    フランジ 4×10-32 UNF 円筒 5/8 インチ 7/16 - 20 UNF 〇 〇 〇 無 有 OML

    機能ダイヤグラム - 参照ページ : →

    バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 7

    ご注文方法上記表中の4桁の番号の前に、4桁の“151G”を付けてください。

    例:フランジ(4×M5)、円筒16 mmシャフト、ポート形状G1/4のOML8の場合、151G2001となります。

    コード番号

    押しのけ容積[cm3] テクニカルデータの参照ページ

    寸法の参照ページ

    8 12.5 20 32151G 2001 2002 2003 2004 8 15151G 2021 2022 2023 2024 8 16

    → 11 11 12 12

    注意:4 桁の“151G”が無い場合は、ご注文をお受けできませんのでお気をつけください。

    コード番号

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 20148

    16mmおよび 5/8インチ円筒シャフト付OMLテクニカルデータ

    タイプ OML OML OML OMLモータサイズ 8 12.5 20 32

    理論押しのけ容積cm3 8.0 12.5 20.0 32.0

    [in3] [0.49] [0.77] [1.22] [1.96]

    Max. 回転数 min-1 連続 2000 1280 800 500

    [rpm] 断続 1) 2500 1600 1000 625

    Max.トルク

    連続7 11 18 29

    Nm [60] [100] [160] [260]

    [lbf·in]断続 1)

    13 20 32 51

    [120] [180] [280] [450]

    Max. 出力

    連続1.1 1.1 1.1 1.1

    kW [1.5] [1.5] [1.5] [1.5]

    [hp]断続 1)

    2.0 2.0 2.0 2.0

    [2.7] [2.7] [2.7] [2.7]

    Max. 圧力差

    連続70 70 70 70 [55]3

    [1020] [1020] [1020] [1020] [800]3

    bar断続 1)

    125 125 125 [85]3 125 [55]3

    [psi] [1810] [1810] [1810] [1230]3 [1810] [800]3

    ピーク 2)140 140 140 [85]3 140 [55]3

    [2030] [2030] [2030] [1230]3 [2030] [800]3

    Max. 流量

    連続16 16 16 16

    l/min [4.2] [4.2] [4.2] [4.2]

    [US gal/min]断続 1)

    20 20 20 20

    [5.3] [5.3] [5.3] [5.3]

    Max. 起動圧力 bar 4 4 4 4

    (無負荷時) [psi] [60] [60] [60] [60]

    Min. 起動トルク

    連続 Max. 圧力差 5 9 15 24

    Nm[lbf·in] [45] [80] [135] [210]

    断続 Max. 圧力差 1) 10 16 27 42

    Nm[lbf·in] [90] [140] [240] [370]

    Min. 回転数 4)min-1

    50 50 50 50[rpm]

    1) 断続運転:毎分最大6秒(10%)間は許容できる値。2) ピーク負荷:毎分最大 0.6 秒(1%)間は許容できる値。3) 慣性モーメントが大きな場合や、停止あるいは反転の回数が多い場合の Max. 圧力差。4) 低速での運転の場合、やや滑らかではない場合があります。

    タイプ Max.入口圧力

    OML 8 - 32

    bar連続

    125

    [psi] [1810]

    bar断続 1)

    140

    [psi] [2030]

    barピーク 2)

    140

    [psi] [2030]

    テクニカルデータ

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 9

    Max.許容シャフトシール圧力

    モータの圧力損失

    OML はチェックバルブを内蔵しています。シャフトシールの圧力は戻り圧力の範囲内になります。

    Max. 戻り圧力(Max. シャフトシール圧力)

    上記の曲線は、無負荷で粘度 35 mm2/s[165 SUS]の作動油の時の値です。

    テクニカルデータ

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201410

    出力軸の回転方向

    OMLの許容ラジアル荷重 許容ラジアル荷重(Prad.)は、負荷作用点と取付面の距離(l)によって算出します。

    Prad. = 84500 N (I は mm 単位 ; I < 80) 64.5 + l

    Prad. = 748 lbf (I はインチ単位 ; I < 3.15) 254 + I

    図は、l = 15 mm[0.59 インチ]時の許容ラジアル荷重を示しています。

    ラジアル荷重は下図の許容値をこえないようにしてください。

    テクニカルデータ

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 11

    機能ダイヤグラムの条件については、4 ページを参照してください。• A:連続運転範囲• B:断続運転範囲(毎分最大 10% 運転)モータサイズ毎の連続および断続 Max. 圧力差は、8 ページを参照してください。

    注意:断続運転の圧力差および流量は、同時に生じないようにしてください。

    機能ダイヤグラム

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201412

    機能ダイヤグラムの条件については、4 ページを参照してください。• A:連続運転範囲• B:断続運転範囲(毎分最大 10% 運転)モータサイズ毎の連続および断続 Max. 圧力差は、8 ページを参照してください。

    注意:断続運転の圧力差および流量は、同時に生じないようにしてください。

    機能ダイヤグラム

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 13

    A: 円筒シャフト 16 mmC: 平行キー A5×5×16 DIN 6885

    米国バージョン

    B: 円筒シャフト 5/8 インチD: 平行キー 3/16×3/16×3/4 in B.S. 46

    出力軸の形状と寸法

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201414

    A: G メインポートC: ISO 228/1 - G1/4

    B: UNF メインポートD: 7/16 - 20 UNF Oリングボスポート

    ポートの形状と寸法

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 15

    タイプ 長さ L max. L1 mm [in]

    重量kg [lb]

    OML 8 102.5 [4.04]4.1

    [0.16]1.0 [2.2]

    OML 12.5 104.8 [4.13]6.4

    [0.25]1.0 [2.2]

    OML 20 108.6 [4.28]10.2 [0.40]

    1.1 [2.4]

    OML 32 114.7 [4.53]16.3 [0.64]

    1.2 [2.6]

    C: M5; 深さ 15 mm[0.59 インチ]D: G 1 ⁄ 4; 深さ 12 mm[0.47 インチ]

    OMLエンドポートバージョン

    外形寸法・欧州バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201416

    C: 10 - 32 UNF; 深さ 15 mm[0.59 インチ]D: 7/16 - UNF; 深さ 12 mm[0.47 インチ] O リングボスポート

    OMLエンドポートバージョン

    タイプ 長さ L max. L1 mm [in]

    重量kg [lb]

    OML 8 102.5 [4.04]4.1

    [0.16]1.0[2.2]

    OML 12.5 104.8 [4.13]6.4

    [0.25]1.0 [2.2]

    OML 20 108.6 [4.28]10.2 [0.40]

    1.1 [2.4]

    OML 32 114.7 [4.53]16.3 [0.64]

    1.2 [2.6]

    外形寸法・米国バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMLオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 17

    Notes

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201418

    オプション: 回転数センサ リバース回転 耐腐蝕性 塗装 2 穴フランジキット(コード番号 :151G0211)

    取付フランジ

    出力軸形状

    ポート形状

    欧州バージョン

    米国バージョン

    サイドポートバージョン

    エンドポートバージョン

    標準シャフトシール

    ドレン接続

    チェックバルブ

    特別部品

    タイプ名

    フランジ ; 3×M6 円筒 16 mmG 3/8 〇 〇 〇 有 有 OMM

    G 3/8 〇 〇 〇 有 有 OMM

    フランジ ; 3×1/4 - 28 UNF

    円筒 5/8 インチ9/16 -18 UNF 〇 〇 〇 有 有 OMM9/16 -18 UNF 〇 〇 〇 有 有 OMM

    フランジ ; 3×M6スプラインB17×14

    G 3/8 〇 〇 〇 有 有 OMM

    G 3/8 〇 〇 〇 有 有 OMM

    機能ダイヤグラム - 参照ページ : → 

    バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 19

    ご注文方法上記表中の 4 桁の番号の前に、4 桁の“151G”を付けてください。

    例:フランジ(3×M6)、円筒 16mm シャフト、ポート形状 G 3/8、エンドポートバージョンの OMM 20の場合、151G0002となります。

    コード番号

    押しのけ容積[cm3] テクニカルデータの参照ページ

    寸法の参照ページ

    8 12.5 20 32 40 50151G 0040 0001 0002 0003 0277 0037 20 28151G 0041 0004 0005 0006 0279 0013 20 30151G 0048 0031 0032 0033 - 5032 20 29151G 0049 0034 0035 0036 - 0094 20 31151G 0046 0024 0025 0026 - - 20 28151G 0047 0027 0028 0029 0294 - 20 30

     → 23 23 24 24 25 25

    注意:4 桁の“151G”が無い場合は、ご注文をお受けできませんのでお気をつけください。

    コード番号

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201420

    16mmおよび 5/8インチ円筒シャフト付OMMテクニカルデータ

    タイプ OMM OMM OMM OMM OMM OMMモータサイズ 8 12.5 20 32 40 50

    理論押しのけ容積cm3 8.2 12.9 19.9 31.6 39.8 50.3

    [in3] [0.50] [0.79] [1.22] [1.93] [2.43] [3.08]

    Max. 回転数 min-1 連続 1950 1550 1000 630 500 400

    [rpm] 断続 1) 2450 1940 1250 800 630 500

    Max. トルク

    連続11 16 25 40 45 46

    Nm [95] [140] [220] [350] [400] [410]

    [lbf·in]断続 1)

    15 23 35 57 70 88

    [135] [200] [310] [500] [620] [780]

    Max. 出力

    連続1.8 2.4 2.4 2.4 2.2 1.8

    kW [2.4] [3.2] [3.2] [3.2] [3.0] [2.4]

    [hp]断続 1)

    2.6 3.2 3.2 3.2 3.2 3.2

    [3.5] [4.3] [4.3] [4.3] [4.3] [4.3]

    Max. 圧力差

    連続100 100 100 100 90 70

    [1450] [1450] [1450] [1450] [1310] [1020]

    bar断続 1)

    140 140 140 140 140 140

    [psi] [2030] [2030] [2030] [2030] [2030] [2030]

    ピーク 2)200 200 200 160 160 160

    [2900] [2900] [2900] [2320] [2320] [2320]

    Max. 流量

    連続16 20 20 20 20 20

    l/min [4.2] [5.3] [5.3] [5.3] [5.3] [5.3]

    [US gal/min]断続 1)

    20 25 25 25 25 25

    [5.3] [6.6] [6.6] [6.6] [6.6] [6.6]

    Max. 起動圧力 bar 4 4 4 4 4 4

    (無負荷時) [psi] [60] [60] [60] [60] [60] [60]

    Min. 起動トルク

    連続 Max. 圧力差 7 12 21 34 38 41

    Nm[lbf·in] [60] [105] [185] [300] [335] [365]

    断続 Max. 圧力差 1) 10 17 29 48 62 79

    Nm[lbf·in] [90] [150] [255] [425] [550] [700]

    Min. 回転数 3)min-1

    [rpm]50 40 30 30 30 30

    1) 断続運転:毎分最大6秒(10%)間は許容できる値。2) ピーク負荷:毎分最大 0.6 秒(1%)間は許容できる値。3) 低速での運転の場合、やや滑らかではない場合があります。

    タイプ Max.入口圧力

    OMM 8 - 50

    bar連続

    140

    [psi] [2030]

    bar断続 1)

    175

    [psi] [2538]

    barピーク 2)

    225

    [psi] [3260]

    テクニカルデータ

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 21

    チェックバルブ内蔵、ドレン配管無しのOMM:シャフトシールの圧力は、戻り圧力の範囲内になります。

    ドレン配管無しの Max. 戻り圧力、またはドレンラインの Max. 圧力

    上記の曲線は、無負荷で粘度 35 mm2/s[165 SUS]の作動油の時の値です。

    Max. 許容シャフトシール圧力

    モータの圧力損失

    チェックバルブ内蔵、ドレン配管有りのOMM:シャフトシール圧力は、ドレンラインの圧力に等しくなります。

    テクニカルデータ

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201422

    出力軸の回転方向

    OMMの許容ラジアル荷重 許容ラジアル荷重(Prad.)は、負荷作用点と取付面の距離(l)によって算出します。

    Prad. = 130400 N (I は mm 単位 ; I < 80) 61.5 + I

    Prad. = 748 lbf (I はインチ単位 ; I < 3.15) 2.54 + I

    図は、I = 15 mm[0.59 インチ]時の許容ラジアル荷重を示しています。

    ラジアル荷重は下図の許容値をこえないようにしてください。

    P301 008

    テクニカルデータ

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 23

    機能ダイヤグラムの条件については、4 ページを参照してください。• A:連続運転範囲• B:断続運転範囲(毎分最大 10% 運転)モータサイズ毎の連続および断続 Max. 圧力差は、20 ページを参照してください。

    注意:断続運転の圧力差および流量は、同時に生じないようにしてください。

    機能ダイヤグラム

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201424

    機能ダイヤグラムの条件については、4 ページを参照してください。• A:連続運転範囲• B:断続運転範囲(毎分最大 10% 運転)モータサイズ毎の連続および断続 Max. 圧力差は、20 ページを参照してください。

    注意:断続運転の圧力差および流量は、同時に生じないようにしてください。

    機能ダイヤグラム

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 25

    OMM40

    OMM 40 には機能ダイヤグラムはありません。

    機能ダイヤグラムの条件については、4 ページを参照してください。• A:連続運転範囲• B:断続運転範囲(毎分最大 10% 運転)モータサイズ毎の連続および断続 Max. 圧力差は、20 ページを参照してください。

    注意:断続運転の圧力差および流量は、同時に生じないようにしてください。

    機能ダイヤグラム

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201426

    A: 円筒シャフト 16 mmD: 平行キー A5×5×16 DIN 6885

    米国バージョン

    B:円筒シャフト 5/8 インチE:平行キー 3/16×3/16×3/4 インチ B.S. 46

    C: インボリュートスプライン シャフト B17×14, DIN 5482

    出力軸の形状と寸法

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 27

    A: G メインポートE: ISO 228/1 - G 3/8

    B: UNF メインポートF: 9/16 - 18 UNF Oリングボスポート

    C: GドレンポートG: ISO 228/1 - G 1/8

    D: UNFドレンポートH: 3/8 - 24 UNF Oリングポート

    ポートの形状と寸法

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201428

    OMMエンドポートバージョン

    C: M6; 深さ10 mm[0.39 インチ]D: G 3 ⁄ 8; 深さ12 mm[0.47 インチ]E: ドレン接続 G 1 ⁄ 8; 深さ8 mm[0.39 インチ]

    タイプ 長さ L max. L1 mm [in]

    重量kg [lb]

    OMM 8 104.0 [4.09]3.5

    [0.14]1.9

    [4.2]

    OMM 12.5 106.0 [4.17]5.5

    [0.22]2.0

    [4.4]

    OMM 20 109.0 [4.29]8.5

    [0.33]2.1 [4.6]

    OMM 32 114.0 [4.49]13.5 [0.53]

    2.2 [4.8]

    OMM 40 118.0 [4.65]17.0

    [0.67]2.3 [5.1]

    OMM 50 122.0 [4.80]21.5

    [0.85]2.4

    [5.3]

    P301 008

    外形寸法・欧州バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 29

    OMMエンドポートバージョン

    C: 1/4 - 28 UNF - 2B; 深さ最小 10 mm[0.39 インチ]D: 9 ⁄ 16 - 18 UNF ; 深さ12 mm[0.47 インチ] OリングボスポートE: 3 ⁄ 8 - 24 UNF ; 深さ8 mm[0.39 インチ] Oリングポート

    P301 008

    タイプ 長さ L max. L1 mm [in]

    重量kg [lb]

    OMM 8 104.0 [4.09]3.5

    [0.14]1.9[4.2]

    OMM 12.5 106.0 [4.17]5.5

    [0.22]2.0

    [4.4]

    OMM 20 109.0 [4.29]8.5

    [0.33]2.1

    [4.6]

    OMM 32 114.0 [4.49]13.5 [0.53]

    2.2 [4.8]

    OMM 50 122.0 [4.80]21.5 [0.85]

    2.4 [5.3]

    外形寸法・米国バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201430

    OMMサイドポートバージョン

    C: M6; 深さ10 mm[0.39 インチ]D: G 3 ⁄ 8; 深さ12 mm[0.47 インチ] E: ドレン接続 G 1 ⁄ 8; 深さ8 mm[0.39 インチ]

    P301 010

    タイプ 長さ L max. L1 mm [in]

    重量kg [lb]

    OMM 8 104.0 [4.09]3.5

    [0.14]1.9 [4.2]

    OMM 12.5 106.0 [4.17]5.5

    [0.22]2.0

    [4.4]

    OMM 20 109.0 [4.29]8.5

    [0.33]2.1 [4.6]

    OMM 32 114.0 [4.49]13.5

    [0.53]2.2 [4.8]

    OMM 40 118.0 [4.65]17.0

    [0.67]2.3

    [5.1]

    OMM 50 122.0 [4.80]21.5

    [0.85]2.4

    [5.3]

    外形寸法・欧州バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 31

    C: 1/4 - 28 UNF - 2B; 深さ最小 10 mm[0.39 インチ]D: 9 ⁄ 16 - 18 UNF ; 深さ12 mm[0.47 インチ]E: 3 ⁄ 8 - 24 UNF ; 深さ8 mm[0.39 インチ]

    OMMサイドポートバージョン

    P301 010

    タイプ 長さ L max. L1 mm [in]

    重量kg [lb]

    OMM 8 104.0 [4.09]3.5

    [0.14]1.9

    [4.2]

    OMM 12.5 106.0 [4.17]5.5

    [0.22]2.0 [4.4]

    OMM 20 109.0 [4.29]8.5

    [0.33]2.1

    [4.6]

    OMM 32 114.0 [4.49]13.5 [0.53]

    2.2 [4.8]

    OMM 50 122.0 [4.80]21.5

    [0.85]2.4 [5.3]

    外形寸法・米国バージョン

  • テクニカルインフォメーション OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201432

    2 穴フランジキットコード番号 :151G0211

    P301 013

    2.2 [.087]1.8 [.071]

    2.2 [.087]1.8 [.071]

    5.5 [.217]

    73.5 [2.894]73 [2.87]

    ∅63 [2.48]∅62.95 [2.478]

    97.2

    [3.8

    27]

    96.8

    [3.8

    11]

    9.2 [.362]8.8 [.246]

    80 [3

    .15]

    アクセサリ

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 33

    Notes

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 201434

    Notes

  • テクニカルインフォメーション OML,OMMオービタルモータ

    520L0686 • BA • Feb 2014 35

    取付

    スタートアップと運転

    運転時

    保守

    • 全ての油圧機器を正しく取り付けてください。• ポンプラインにマノメータを取り付けてください。• モータの取付フランジ面が平に正しく取り付けられているか確認し、  余分な応力がかからないようにしてください。• パイロットラインにエアーポケットが無いようにしてください。

    • 油圧機器を個々の取扱説明書に従って取り付けてください。• モータの取扱説明書は製品に添付されていますが、必要であれば弊社にご照会ください。• モータを取り付ける際、取付ボルトにより無理な力がかかりアラインメントが狂わないように してください。• 糸シール、テフロンシール等不適切なシール材を使わないでください。 ボンデットシール、Oリング、スチールワッシャーあるいは同等品を使用してください。• パイプやホースで配管するまでプラスチックプラグを取らないでください。• ねじ込み配管する時取扱説明書に記載してあるmax. 締付けトルク以上で 締付けないでください。 • 作動油のコンタミネーションレベルは 20/16(ISO 4406)より清浄に保持してください。 フィルタを通してシステムに油を供給してください。

    • 原動機を起動させ、できるだけ低い回転数で運転してください。• 油中の気泡が無くなるまでエアー抜きプラグを開けたままにしてください。• ロードセンシングシステムでは全てのパイロットラインに油が充満していることを確認してください。• 油圧システム内にエアーがある兆候は次のような場合です。 − タンクに気泡がある − モータやシリンダーのビビリ現象 − 騒音• 油圧システム内にエアーがある場合。 − 作動油を補給してください。 − 油圧システムを別のフィルタ(10μm メッシュ)付きのタンク(max. 流量の 2 倍の容量) につなぎ、無負荷で約 30 分運転してください。 − システム内のエアーが完全に抜けるまで負荷をかけないでください。 − 油圧システムの油漏れをチェックし、また満足に作動しているか確認してください。 − フィルタを交換してください。必要があれば油を補充してください。

    • モータの圧力、圧力差、回転数がカタログに記載してあるmax 値を越えないようにしてください。• 作動油のコンタミネーションレベルを 20/16(ISO 4406)以上に保つようにしてください。

    • 徹底した保守によってのみ油圧システムの信頼性と運転寿命が得られます。• それぞれの取扱説明書に従って作動油の補充および油、フィルタ、エアーフィルタを 交換してください。• 作動油の状態、システムの油漏れ、油のレベルを定期的にチェックしてください。

    油圧システム

  • 本   社 〒566-0044 大阪府摂津市西一津屋1-1  TEL: 06-6349-7264 FAX: 06-6349-6789西日本営業 〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-5-28 新大阪テラサキ第3ビル6F  TEL: 06-6395-6090 FAX: 06-6395-8585東日本営業 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-7-1 神田IKビル4F  TEL: 03-5298-6363 FAX: 03-5295-6077

    ダイキン・ザウアーダンフォスは、世界各地に製造拠点と販売拠点を展開し、世界の車輌市場にシステムソリューションを提供する総合油圧機器メーカーのダンフォスグループとともに、車輌用油圧 システムの専門メーカーとして皆様のベストパートナーを目指しています。 閉回路用ポンプ・モータ、 開回路用ポンプ、 オービタルモータ、 バルブ、 ステアリングコンポーネント、 電子油圧制御機器など、 豊富で広範囲にわたる製品群とシステムを取り揃え、 農業・建設・ 物流・芝刈道路・建設・林業・オンハイウエイ環境での特殊車輌など、 様々な分野で幅広く使用されています。 また豊富な販売代理店網および認定サービスセンターのネットワークを通して、グローバルな サービスを提供できる国際企業として高い評価をいただいています。

    主な取り扱い製品

    • 閉回路アキシャルビストン ポンプ・モータ

    • 開回路アキシャルビストン ポンプ・モータ

    • 斜軸モータ

    • 油圧トランスミッション

    • オービタルモータ

    • ディスプレイ

    • 油圧ステアリング

    • 電子油圧ステアリング

    • 比例弁

    • マイクロコントローラ

    • PLUS+1® GUIDE

    • ジョイスティック およびフットペダル

    • ディスプレイ

    • センサ

    • トラックミキサー用駆動装置

    (車輌用カスタムコントロールソフトウェア)

    Danfoss Power Solutions GmbH & Co. OHGKrokamp 35D-24539 Neumünster, GermanyPhone: +49 4321 871 0

    Danfoss Power Solutions ApSNordborgvej 81DK-6430 Nordborg, DenmarkPhone: +45 7488 2222

    Danfoss Power Solutions US Company2800 East 13th StreetAmes, IA 50010, USAPhone: +1 515 239 6000

    Danfoss Power Solutions(Shanghai) Co. Ltd.Building #22, No. 1000 Jin Hai RdJin Qiao, Pudong New DistrictShanghai, China 201206Phone: +86 21 3418 5200

    Daikin-Sauer-Danfoss Ltd.Shin-Osaka TERASAKI 3rd Bldg. 6F1-5-28 Nishimiyahara, Yodogawa-kuOsaka 532-0004, JapanPhone: +81 6 6395 6084

    ダイキン・ザウアーダンフォスは、カタログ・資料およびその他の印刷物あるいは電子資料に生じ得る誤りに対して責任を負うものではありません。また弊社は予告なく製品を変更する権利を有します。 この変更は、すでに合意された仕様の変更を必要とするものでない限り、すでに発注された製品にも適用されます。本資料のすべての商標は該当各社が所有するものです。Danfoss、Danfossロゴタイプ、S-icon、PLUS+1®はダンフォスグループの商標です。 Daikin、Daikinロゴはダイキングループの商標です。 無断転載を禁じます。

    弊社ウェブサイトもご覧ください。         www.daikin-sauer-danfoss.com

    520L0686 • BA • Feb 2014 www.danfoss.com © Danfoss A/S, 2014


Related Documents