YOU ARE DOWNLOADING DOCUMENT

Please tick the box to continue:

Transcript
Page 1: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

補 修 一 般 図[ 関 根 橋 ]

S=1:40

側 面 図

S=1:40

平 面 図

A1 A2

H.W.L(想定で図示 )

0.70%

補修計画一覧

部材名 補 修 工 法

伸縮装置 伸縮装置取替工

主桁

路面 舗装打替工・橋面防水工

防護柵 防護柵取替工

断面修復工・ひび割れ補修工

落橋防止システム 縁端拡幅工

S=1:40

断 面 図

[A1橋台 ]

[A2橋台 ]

コンクリート舗装 t=40~100mm

既 設 橋 諸 元

1.0KN/m2

8.690m

基  礎

躯  体

基  礎

躯  体

逆T式橋台下

工 A2橋台

A1橋台

形        式

舗        装

雪    荷    重

活    荷    重

斜        角

幅        員

支    間    長

橋        長

支        承

8.140m

A1:90゚00'00" A2:90゚00'00"

不明

逆T式橋台

不明

PC単純プレテンション床版

車道4.000m+地覆0.33×2

不明

適 用 示 方 書

架 設 年 次 昭和45年(1970年)

昭和43年鋼道路橋示方書

不明(制限荷重12t)

地覆

A1 A2

添架 管 Ut-1

添 架管 Ut-2

ひび割れ補修工・水切り設置工

排水施設 排水管取替工

下部工 断面修復工

主桁

下部 工

下部 工

地 覆

S=1:25

断 面 図

上流側 下流側

添 架管 Ut-1

添架 管 Ut-2

2.0% 2.0%

縁 端拡 幅 工

排 水管 取 替工 水 切り 設 置工 排 水管 取 替 工

縁端 拡 幅工

橋 面 防水 工

舗 装 打替 工

防 護柵 取 替工

伸 縮装 置 取替 工 伸 縮 装置 取 替工

防 護柵 取 替工

排 水管 取 替工

水切 り 設置 工

舗装 打 替工

アスファルト舗装 シ ー ト系

橋 面 防水 工

水 切り 設 置工

排 水管 取 替工

防 護柵 取 替工

t=50~ 90mm

舗 装 打替 工

橋 面 防水 工

伸縮 装 置取 替 工

排 水 管取 替 工

ひ び 割れ 補 修工

断 面 修 復 工 (左 官 工 法 )

水 切 り設 置 工

断 面 修 復 工 (左 官 工 法 )

縁 端 拡幅 工

断 面 修 復 工 (左 官 工 法 )

縁 端 拡幅 工

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

  補 修 一 般 図 縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  1/13

桁長 8650 20

橋長 8690

255 支間長 8140 255

20

4660

4660

20 桁長 8650 20

橋長 8690

255 支間長 8140 255

330

4000

330

4660

500

500

500

500

480

500

980

980

480

500

500

480

980

980

500

480

3 00 300

490

990

990

490

490

990

990

490

3 30 4000 330

4660

950

13@330=4290185 185

550

50

5090150

150

1/13

Page 2: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

注2)

注 1) 鉄筋露出が無い箇所は不要。

注 2) 現 地 に て 、劣 化 コ ン ク リ ー ト を 確 認 し た 場 合 は

     監 督 員と協 議の 上 、補 修 する こ と。

注 3) フェザーエッジとならないよう    断 面 修 復 施工 箇 所 端 部 は カ ッ タ ー 処 理 す る こ と 。

A1 A2

上部工補修図

[桁下A1-A2径間]

ひび割れ充填工詳細図

カッ タ ー目 地10㎜程度

ひび割れ充填工法

記 号 ひび割れ長さ

合 計

充填幅(L:m) (W:m) (m)

tひび割れ箇所数 体 積(m3)

0.0046

a 5.00 1箇所 0.010 0.015 0.0008

c 7.50 1箇所 0.0011

d 3.00 1箇所 0.0005

e 7.00 1箇所 0.0011

W(m) t (m) N(個)断面修復体積(m3)

0. 0433

備考

0. 043310. 058. 65 主 桁 下 面

断面修復工( 鉄筋露出なし)  寸法表

記号 H(m)

合計0. 10あ

2 .部 材 等の 寸 法 は、 調 査把 握 の上 、 最終 決 定す る こと 。

1 .本 図 面の 断 面 形状 及 び寸 法 は、 現 地調 査 を基 に 復元 し たも の であ る 。

( 特記 事 項)

補修仕様

ひび割れ補修工(充填工法):ポリマーセメントモルタル

断面修復工(左官工法):ポリマーセメントモルタル

断面修 復工施 エフ ロー

表 示

補修工法の凡例

補修工法の種類

ひびわれ充填工

 断面修復工

清 掃

プ ラ イ マ ー 塗 布

ポリマーセメントモルタル充填

表 面 仕 上 げ 工

完   了

準   備   工

施 工 箇 所 マ ー キ ン グ

カ ッ タ ー 工

ひ び割れ 充填工 施エ フロー

コンクリートはつり

清 掃

鉄筋 ケレン・防錆処理 (必要に応じて )

プ ラ イ マ ー 塗 布

断面修復(ポリマーセメントモルタル)

準   備   工

施 工 箇 所 マ ー キ ン グ

カ ッ タ ー 工

完   了

上下

上下

Mg-1

Mg-2

Mg-3

Mg-4

Mg-5

Mg-6

Mg-7

Mg-8

Mg-9

Mg-10

Mg-11

Mg-12

Mg-13

Mg-14

Ut-1

Ut-2主桁 (Mg-14) 変 形・欠損 -Cあ : 断 面 修 復 工 (左 官 工 法 )   0.1m× 8.65m× 0.05m

23

主桁 (Mg-1)⑥ひびわ れ -C⑧漏水・遊離石灰 -Cb : ひ び 割 れ 充 填 工   L=7.5m

地覆 (Fg-L)⑥ひびわれ -C⑧漏水・遊離石灰 -Ca :ひ び 割 れ 充 填 工  L=5.0m

主桁 (Mg-11)⑥ひび われ -C⑧漏水・遊離石灰 -Cd : ひ び 割 れ 充 填 工   L=3.0m

主桁 (Mg-14)⑥ひびわれ -C⑧漏水・遊離石灰 -Cc : ひ び 割 れ 充 填 工   L=7.5m

主桁 (Mg-12)⑥ひびわれ -C⑧漏水・遊離石灰 -Ce : ひ び 割 れ 充 填 工   L=7.0m

流水 方 向

b 7.50 1箇所 0.0011

ひび 割 れ

10

ポ リ マー セ メ ント モ ルタ ル

t=15

カ ッ タ ーラ イ ン

0.010 0.015

0.010 0.015

0.010 0.015

0.010 0.015

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  2/13

  上部工補修図

断面修復工詳細図

ポ リマ ー セメ ン トモ ル タル

断 面 修 復 工 及 び   既 設 鉄 筋 防 錆 処 理 注 1)

2/13

Page 3: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

下部工補修図

断面修復工詳細図

注2)

ポ リ マ ー セ メ ン ト 系 モ ル タ ル

カ ッタ ー 目地10㎜程度

注 1) 鉄筋露出が無い箇所は不要。

注 2) 現 地 に て 、 劣 化 コ ン ク リ ー ト を 確 認 し た 場 合 は

     監督 員 と協 議 の上 、 補修 す るこ と 。

W(m) t (m) N(個)断面修復体

積(m3)

0. 0225

備考

0. 007510. 050. 50 橋 台 側 面

記号 H(m)

合計

あ 0. 30橋 台 側 面0. 015010. 051. 00い 0. 30

2 . 部材 等 の寸 法 は、 調 査把 握 の上 、 最終 決 定す る こと 。

1 . 本図 面 の断 面 形状 及 び寸 法 は、 現 地調 査 を基 に 復元 し たも の で ある 。

( 特 記事 項 )

断面修 復工施 エフ ロー

コンクリートはつり

清 掃

鉄筋 ケレン・防錆処理 (必要に応じて )

プ ラ イ マ ー 塗 布

断面修復(ポリマーセメントモルタル)

準   備   工

施 工 箇 所 マ ー キ ン グ

カ ッ タ ー 工

完   了

表 示

補修工法の凡例

補修工法の種類

ひびわれ充填工

 断面修復工

補修仕様

ひび割れ補修工(充填工法):ポリマーセメントモルタル

断面修復工(左官工法):ポリマーセメントモルタル

[A1橋台]

[A2橋台]

側面図( 左側から見た図)

←盛土 L A2→

断面図( A2から見た図)

正面

側面図( 右側から見た図)

←A2 R 盛土→

竪壁 (Ac) 変形・欠損 -C[0.3m× 0.5m]あ : 断 面 修 復 工 (左 官 工 法 )   0.3m× 0.5m× 0.05m

23

側面図( 左側から見た図)

←盛土 L A1→

断面図( A1から見た図)

正面

側面図( 右側から見た図)

←A1 R 盛土→

竪壁 (Ac) 変形・欠損 -Cい : 断 面 修 復 工 (左 官 工 法 )   0.3m× 1.0m× 0.05m

23

断 面 修 復 工 及 び   既 設 鉄 筋 防 錆 処 理 注 1)

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

   下部工補修図

  3/13

断面修復工 寸法表

3/13

Page 4: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

縁端拡幅工詳細図

[ A1・ A 2橋 台 ]

S=1:20

断 面 図

[アンカー筋配置図]

S=1:20

断 面 図

[配力筋配置図]

鉄  筋

使用材料

SD345

コンクリート σck=24N/mm2 最大水セメント比55%以下

A2 32-D16×800

鉄筋加工図

186

240

372

A3 6-D16×4560

4560

A1 32-D16×730

240

4 85

A1

単位質量 一本当り質量 質 量 摘 要本 数長 さ記号

鉄筋重量表

D16A2

総重量

730 1.14

1.56

32

800 1.25

37

40

119 kgD16 (SD345)

A3 D16 4530 1.56 7.07 42

D16

32

6

1.56

119 kg

名  称 単位 数 量規格・寸法

コンクリート σck=24N/mm2

型  枠

0.699m3

m2

適  要

チッピング m2 既設コンクリート

4.028

2.330

鉄  筋 kg 119

接 着 材 エポキシ樹脂系 3.45

コンクリート削孔 本 φ26 L=250mm 32

(1橋台当り)

kg

材 料 表 【 縁 端 拡 幅 工 】

特 記 事 項

1.新設コンクリートの打設面はチッピング処理を行うこと。

2.沓座拡幅部天端には排水勾配を附すこと。

3.図中の詳細寸法は現地確認の上決定すること。

330 4000 330

4660

80A1  D16  15@300=4500 削孔径φ26、削孔長L=240、削孔箇所 N=3280

4660

150

200

150

500

150

200

150

500

3 30 4000 330

4660

6595

4660

90

90

500

160

160

15@300=4500

A3 D16 A2 D16

90

90

500

160

160

(1橋台当り)

S=1:10

断 面 図

橋軸方向

530(現況 のけ た かか り長 )

7515570

300

A=0.150m2

90

160

160

90

500

A 2

A3 D16

56

56

7515570

300

D16

(15φ 以上 )

定着長 240

10

削 孔 長 250

φ

26

削孔

径 φ

26

削孔

150

200

150

エ ポ キ シ樹 脂 系接 着 剤

チ ッ ピン グ 処理

L=0.500m

A1 D16

47

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  4/13

  縁端拡幅工詳細図

4/13

Page 5: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

防 水 層

成 形 目地 材

導 水管

端 部 目地 処 理

防水工詳細図

S=1:40

平 面 図

名  称 単位 数 量規格・寸法 適  要

導 水 管

防 水 層

m

m2

スパイラルパイプSUSφ18

33.08

端部目地処理 m2 1.98

シート系

1.本設計図は、橋梁台帳及び現地踏査を基に復元したものである。

(特記事項)

3.防水工の導水施設の内、スパイラルパイプは、地覆端

2.アスファルト舗装切削後、床版で脆弱部が確認された場合は、 当該箇所を取除き、超速硬コンクリート等で断面補修し、 舗装下面の雨水が速やかに排出できるように配慮すること。

材 料 表 【 防 水 工 】

w=120mm

準   備   工

舗 装 ・排 水 ・防 水 工施 エ フ ロ ー

防水層設置 (シート系 )

アスファルト舗装敷設

導 水 管 設 置

端 部 処 理

プ ラ イ マ ー 塗 布

床 版 水 分 量 測 定

清 掃

地 覆 は つ り

既設排水管撤去・ モルタル詰め

既 設 舗 装 撤 去

(切削、BH剥取り)

完 了

新 設 排 水 管 設 置

地 覆 復 旧

A1 A2

20 桁 長 8650 20

橋 長 8690

排水管設置間隔 3750 排水管設置間隔 3900 排水管設置間隔 1000

伸 縮装 置 取替 工伸 縮装 置 取替 工

新設 排 水管 新 設 排水 管

新設 排 水管 新 設排 水 管

190 防水 層延長   L=8270 190

導水 管

φ 18

※ A部

防水層:シート系   :A=33.08m2

20 桁 長 8650 20

橋 長 8690

排水管設置間隔 3750 排水管設置間隔 3900 排水管設置間隔 1000

190 防水 層延長   L=8270 190

成形目地材 m 16.54t=5mm、w=10mm

水 切 り 設 置 工

地覆 道路 部

(シート系 )

t=5mm

φ 18

80

w=120mm

10

40

橋 軸 直角 方 向

S=1:5

防 水 層 詳 細 図

S=1:30

断 面 図上 流側 下 流側

330 4000 330

4660

50

5090150

150

13@330=4290185 185

2.0% 2.0%

ア スフ ァ ルト 舗 装

防 水 層 (シ ー ト 系 )

導 水管

φ 18

As舗 装 擦 付

S=1:10

A部詳細平面図

地 覆

100

S=1:10

A部詳細断面図

新 設 排水 管

0.7%

新設 排 水管

地覆

導 水 管

φ 18

導 水管

φ 18

330

4000

330

4660

16.54

 (縦断方向)に沿って設置する。

4.防水工より伸縮装置取替工が後施工となるため、防水 材料(排水パイプ、スパイラルパイプ等)が伸縮装置 施工時に干渉しないように余裕をもってセットすること。

5.図中の詳細寸法は、現地確認の上、決定すること。

10

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  5/13

   防水工詳細図

5/13

Page 6: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

水切り設置工詳細図

S=1:40

平 面 図

名  称 単位 数 量規格・寸法 適  要

1.本設計図は、橋梁台帳及び現地踏査を基に復元したものである。

(特記事項)

材 料 表 【 水 切 り 設 置 工 】

シーリング m

A1 A2

20 桁長 8650 20

橋長 8690

330

4000

330

4660

2 0 桁長 8650 20

橋長 8690

水切 り 設置 工

水切り板 kg PL-6×280 SUS304

2.添架菅架台の設置間隔等は、施工前に寸法を計測し、 現地状況に合わせ施工すること。

4.図中の詳細寸法は、現地確認の上、決定すること。

水切 り 設置 工

添架 管 Ut-1

添 架管 Ut-2

350

2 50架台間隔  2090架台間隔  1985架台間隔  1985架台間隔  2090250

480 架台間隔  2500 架台間隔  2690 架台間隔  2500 480

オールアンカー 組 M12、全長L=80mm SUS304

水切り板 kg PL-6×260 SUS304

上流側

下流側

101.85

94.65

92

18.40

準   備   工

舗 装 ・排 水 ・防 水 工施 エ フ ロ ー

防水層設置 (シート系 )

アスファルト舗装敷設

導 水 管 設 置

端 部 処 理

プ ラ イ マ ー 塗 布

床 版 水 分 量 測 定

清 掃

地 覆 は つ り

既設排水管撤去・ モルタル詰め

既 設 舗 装 撤 去

(切削、BH剥取り)

完 了

新 設 排 水 管 設 置

地 覆 復 旧

水 切 り 設 置 工

3.水切り板に継ぎ目を設ける場合、継ぎ目部の止水も行うこと。

25 43@200= 8600 25

25

150

150

100

39@ 200= 7800100

150

150

25

50

800

8650

A1 A2

850 750

50

850

50 50

850

50 50

750 750 750

50

850

50

600

50

850

50

43@200= 860025 25

オールアンカー M12× 45組

SUS304、全長 L= 80mm

水切り板タイプ A× 9枚 水切 り板タ イプ C× 1枚

50

800

8650

A1 A2

850 750

50

850

50 50

850

50 50

750 750 750

50

850

50

600

50

850

50

オールアンカー M12× 47組

SUS304、全長 L= 80mm

水切り板タイプ D× 5枚 水切 り板タ イプ J× 1枚

[上流側側面]

[下流側側面]

150

280

150 260

シ リコ ン 系 シー リ ング

水切り板タイプ E× 1枚

シ リコ ン 系シ ー リン グ

水切り板タイプ F× 1枚 水切り板タイプ G× 1枚 水切 り板タ イプ H× 1枚

コンクリート削孔 孔 孔径φ12.7、削孔長65mm 92

39@ 200= 7800100

150

150

25 100 150

150 25

水切り 板タイ プ B× 1枚

水切 り板タイプ I× 1枚

25 200 200 200 200

850

230

280

50

2 5孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ A× 9枚 タイプ B× 1枚

25 200 200 200 200

850

210

260

50

2 5孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ D× 5枚

25150 150 200 200

850

210

260

50

25

孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ E× 1枚

100

110

2 00

650

210

260

PL-6 SUS304

10025150 150

50

25孔明φ 16

タイ プ J× 1枚

100

110

25 200 200 200 200

850

210

260

50

2 5

孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ G× 1枚

110

25 200 200 200 200

850

210

260

50

25

孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ F× 1枚

110

2 00 100 550 690 100

60

275 100 475

25 200 200 200 200

850

210

260

50

25

孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ H× 1枚

110

6 60 100 90

25 200 200 200

650

230

280

50

2 5孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ C× 1枚

25 200 100 150 200

230

280

50

25孔明φ 16

PL-6 SUS304

850

150

25 200 200

850

210

260

50

25孔明φ 16

PL-6 SUS304

タイプ I× 1枚

100 150 150

S=1:10

水切り設置断面図

下 流 側

50

150 2

60

上 流 側

50

添 架 管 Ut-1

添 架管 Ut-2

80

60

オ ー ル アン カ ー

M12@ 200

PL-6× 280

( SUS)

PL-6× 260

( SUS)

シリ コ ン系 シ ーリ ン グ

オ ー ルア ン カー

M12@ 200

シ リ コン 系 シ ーリ ン グ280

150

S=1:30

断 面 図上 流側 下 流側

330 4000 330

4660

50

5090150

150

13@330=4290185 185

水 切り 設 置工 水 切り 設 置工

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  6/13

水切り設置工詳細図

50

60

80

50

添 架管 Ut-1

添架 管 Ut-2

6/13

Page 7: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

排水管取替工詳細図

S=1:40

平 面 図

A1 A2

20 桁長 8650 20

橋長 8690

330

4000

330

4660

100

100

排 水管設置間隔 3750 排水管設置間隔 3900 排水管設置間隔 1000

適  要

材   料   表

名  称 単位 数 量規格・寸法

支 持 金 具 ※

角 形 鋼 管 ※ □-125×75×3.2×1580

φ 6× 69丸    鋼※

kg

kg

W=15.04kg/本、n=4本

W=0.02kg/本、n=12本

注:※印は亜鉛めっきHDZ55を施す。

蓋 ※ 組

2 .部 材 等の 寸 法 は、 調 査把 握 の上 、 最終 決 定す る こと 。

1 .本 図 面の 断 面 形状 及 び寸 法 は、 現 地調 査 を基 に 復元 し たも の であ る 。

( 特記 事 項)

既設 排 水管

撤去・ モルタル詰め

排水 管 新設既 設排 水 管

撤去 ・ モルタル詰め

排水 管 新設

排水 管 新設既設 排 水管

撤去・ モルタル詰め

排水 管 新設既 設排 水 管

撤去 ・ モルタル詰め

地 覆 復 旧

コンクリートカッター L330×B225×H200

既設地覆はつり

m

m3

m3

無収縮モルタル 0.006m3

普通ポルトランドセメント

混和材料・膨張材20kg/m 程度※膨張材混和量は製品推奨量とする。

最大水セメント比55%以下

2σck=24N/mm

コンクリート

使用材料(地覆復旧)

粗骨材最大寸法25mmスランプ8cm

3

φ 70mm× 350mm

6.04

0.059

0.047

60.2

0.2

4

4

既設排水管、n=4本

L330×B225×H200

準   備   工

舗 装 ・排 水 ・防 水 工施 エ フ ロ ー

防水層設置 (シート系 )

アスファルト舗装敷設

導 水 管 設 置

端 部 処 理

プ ラ イ マ ー 塗 布

床 版 水 分 量 測 定

清 掃

地 覆 は つ り

既設排水管撤去・ モルタル詰め

既 設 舗 装 撤 去

(切削、BH剥取り)

完 了

新 設 排 水 管 設 置

地 覆 復 旧

水 切 り 設 置 工

100

125

100

100

100

As舗 装 擦 付

S=1:10

排水管設置平面図

地覆

430

角形 鋼 管

(□ -125× 75× 3.2× 1910)

330

既設 地 覆は つ り・ 復 旧

※既 設 鉄筋 は 再利 用 する 。

225

S=1:10

排水管設置断面図

2.0%

角形 鋼 管

(□ -125× 75× 3.2× 1580)

10

430

150

100

900

1150

3 30 100

下 流側

200

添 架 管 Ut-2

S=1:10

既設排水管撤去図

既 設地 覆 はつ り ・復 旧

※ 既設 鉄 筋は 再 利用 す る。

130

40

切 断

※ 既 設 舗 装 撤 去時

切断 無収 縮 モルタル打 設

350

[ 4箇所 ]

600以

丸 鋼

3.2

125

3.2118.6

[email protected]

3-φ 6× 69

丸 鋼

3-φ 6× 69

=125

S=1:5

スクリーンS=1:5

支持金具詳細図S=1:5

蓋詳細図

30

851

1 20

175

5

30 115 30

120

175

65

30

1 15

125

30

125

4.5 86.5 4.5

6

65 30

30

75

68.6

3.2

3.2

254

60

134

60

30

30

30

30

8 0

20 40 20

4-φ 14孔

100

4.5 95.5

125

7 5

2-14× 30長孔

60

134

60

30

30

30

30

8 0

40 40

2-PL 80× 4.5× 292

2-PL 80× 4.5× 215

1-PL 152× 30× 6

1-PL 175× 125× 8

2-PL 168× 51× 6

1-チェーン(L=450)

4-BN M12× 40(2-W付 )

2-ホールインアンカー M12

2-ボルト M12× 40(1-W付 )

既設排水管 φ 70

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  7/13

 排水管取替工詳細図

7/13

Page 8: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

2 .部 材 等の 寸 法 は、 調 査把 握 の上 、 最終 決 定す る こと 。

1 .本 図 面の 断 面 形状 及 び寸 法 は、 現 地調 査 を基 に 復元 し たも の であ る 。

( 特記 事 項)

表 面 保護 工 (塗 装工 法 )施 エフ ロー

準   備   工

表 面 処 理 工

プ ラ イ マ ー 塗 布

コ ン ク リ ー ト 塗 装 工

仕 上 げ 工

完   了

コンクリート塗装仕様(CC-B)

塗 装 工程

前処理

プ ライ マ ー

パ  テ

中    塗

上    塗

使   用  材  料

コ ンク リ ート 塗 装用 エ ポキ シ 樹 脂プ ラ イマ ー

コ ンク リ ート 塗 装用 エ ポキ シ 樹 脂パ テ

コ ン クリ ー ト塗 装 用柔 軟 形エ ポ キ シ樹 脂 塗料 中 塗

コン ク リー ト 塗装 用 柔軟 形 ふっ 素 樹 脂塗 料 上塗

目標 膜 厚(μ )

標準 使 用量(kg/m2)

塗 装 方法 塗 装間 隔

60

30

0.10

0.30

(はけ・ローラー)ス プ レー

(0.26)0.32

(0.12)0.15

へ ら

(はけ・ローラー)ス プ レー

(はけ・ローラー)ス プ レー

1~ 10日

1~ 10日

1~ 10日

凡    例

表 面 保 護 工 (塗 装 工 法 )

1.86

A1橋台

1.56

A1橋台 小計 Σ= 8.08

表面保護工(塗装工法)面積 集計表

0.781 + 0.781

4.66

員 数面 数 面積(㎡) 摘   要

1 1

1 1

1 1

名  称 計  算   式  ( m)

橋座下面

正 面

側 面

表面保護工(塗装工法)詳細図(1/2)

[A1橋台]

平面図( 上から見た図)

平面図( 下から見た図)

断面図( A2から見た図)

正面

側面図( 右側から見た図)

←盛土 L A2→

側面図( 左側から見た図)

←A2 R 盛土→

a1=1.864m2

a2=4.660m2a3=0.781m2 a4=0.781m2

4.660

1.864

4660

4660

20

530

300

850

100

300

400

10

1000

10

1000

300

100

400 400

300

100

990

10

1000

4660

490

500

500

490

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  8/13

 表面保護工詳細図1

8/13

Page 9: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

2 .部 材 等の 寸 法 は、 調 査把 握 の上 、 最終 決 定す る こと 。

1 .本 図 面の 断 面 形状 及 び寸 法 は、 現 地調 査 を基 に 復元 し たも の であ る 。

( 特記 事 項)

表 面 保護 工 (塗 装工 法 )施 エフ ロー

準   備   工

表 面 処 理 工

プ ラ イ マ ー 塗 布

コ ン ク リ ー ト 塗 装 工

仕 上 げ 工

完   了

コンクリート塗装仕様(CC-B)

塗 装 工程

前処理

プ ライ マ ー

パ  テ

中    塗

上    塗

使   用  材  料

コ ンク リ ート 塗 装用 エ ポキ シ 樹 脂プ ラ イマ ー

コ ンク リ ート 塗 装用 エ ポキ シ 樹 脂パ テ

コ ン クリ ー ト塗 装 用柔 軟 形エ ポ キ シ樹 脂 塗料 中 塗

コン ク リー ト 塗装 用 柔軟 形 ふっ 素 樹 脂塗 料 上塗

目標 膜 厚(μ )

標準 使 用量(kg/m2)

塗 装 方法 塗 装間 隔

60

30

0.10

0.30

(はけ・ローラー)ス プ レー

(0.26)0.32

(0.12)0.15

へ ら

(はけ・ローラー)ス プ レー

(はけ・ローラー)ス プ レー

1~ 10日

1~ 10日

1~ 10日

凡    例

表 面 保 護 工 (塗 装 工 法 )

1.86

A2橋台

1.56

A2橋台 小計 Σ= 8.08

表面保護工(塗装工法)面積 集計表

0.780 + 0.780

4.66

員 数面 数 面積(㎡) 摘   要

1 1

1 1

1 1

名  称 計  算   式  ( m)

橋座下面

正 面

側 面

表面保護工(塗装工法)詳細図(2/2)

[A2橋台]

平面図( 上から見た図)

平面図( 下から見た図)

断面図( A1から見た図)

正面

側面図( 右側から見た図)

←盛土 L A1→

側面図( 左側から見た図)

←A1 R 盛土→

4660

4660

20

530

300

850

100

300

400

20

1000

20

1000

300

100

400 400

100

980

20

1000

a1=1.864m2

a2=4.660m2a3=0.780m2 a4=0.780m2

4.660

1.864

4660

480

500

500

480

3 00

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  9/13

 表面保護工詳細図2

9/13

Page 10: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

2000. 00( 1700) [1000]

1800. 00( 1500) [800]

防 護 柵 取 替 工 詳 細 図 (1 / 2 )[ 関 根 橋 ] 参 考 図

ビーム取付用ボルト

M16x35( 6. 8)

φ114. 3x4. 5

1000500

625

150

625

1000 1000625 625

支柱間隔

支柱間隔

ビーム間隔

笠木間隔

1000

1000 2000 1000

20 桁長8650 20

橋長8690

500

150

165

4000

165

4660

165

165

1700

1700 1700

1700

1700 1700

600

500

1100

150

950

83

350

19

樹脂ア ン カ ーR-22SN

4-M22( 4. 6)

埋込長: 160

8400

2000

2000

330

165 165

450

2%

450

496.8

200

140

4.0

φ114. 3x4. 5

φ22( 貫通孔)

2-18x24長孔

道路側

13

6

40

190

40

270

40 190 40

4-φ30( キリ )

2%

19

50

150

18x24長孔

100

PL3. 2

3.2

150

50

350

50

2.3

1602000( 1700) [1000]170

2330( 2030) [1330]

200

6-22x40長孔

200

6-18x24長孔

PL140x4. 0x250

笠木取付用ボルト

M16x35( 6. 8)

笠木

[ 150x50x3. 2

ブラケット 取付用ボルト

M20x145( 4. 6)

946.8

250

950 (笠

木含

む)

270

平面図 S=1/30

正面図 S=1/30

笠木 S=1/20 端部笠木 S=1/20

ビーム S=1/20

断面図 S=1/30

取付詳細図 S=1/15

支柱 S=1/15

A-A 断面

A

A○

9'

2-18x24長孔

100 100

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

 10/13

防護柵取替工詳細図1

10/13

Page 11: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

145

35 3. 2 16

φ40.00

M20( 4. 6)

35

3. 2 3. 2

φ40.00

13

M16( 6. 8)

660

356

160500

200

t 2. 3

200 4-18x24長孔 300

31

4.5

70

200

2-22x28長孔

22x50長孔

100

防 護 柵 取 替 工 詳 細 図 (2 / 2 )[ 関 根 橋 ] 参 考 図

ブラケッ ト S=1/5

巻袖ビーム S=1/10

ブラケット 取付用ボルト S=1/3 笠木・ ビーム取付用ボルト S=1/3

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  11/13

防護柵取替工詳細図2

11/13

Page 12: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

90°0'0"

伸 縮 装 置 取 替 工 詳 細 図[ 関 根 橋 ] 参 考 図

下地処理用接着剤

伸 縮 装 置

名 称

弾 性 合 材

本体鉄筋・伸縮シート装備

単位

埋  設  型

仕 様

弾性合材用乳剤

ゴム系アスファルト

2.2

0.268

kg

数 量

8.000m

備 考

差筋アンカー 本 128D13

数量表(設置)

名 称 単位 数 量 備 考

数量表(他材料)仕 様

シ ー ル 材 L 1.0シ リ コ ン 系

止 水 材 高機能タ イプ m 1.660 地覆部

止 水 材 高機能タイプ m 8.000 伸縮部

4000

500 2×1500=3000 500

本体鉄筋 D13

部材平面図 S=1:30

4660

330 4000 330

50

55 90

弾性合材 t=50~90

埋設型 伸縮装置

高機能止水材

シール材

高機能止水材

シール材

高機能止水材

85

断 面 図 S=1:30

注)施工関連諸寸法は、現地実測により決定すること。

50

55

85

m3

90 90

下地処理用接着剤塗布

床 版 側

157D157

400

10

55

現場溶接

弾性合材

伸縮シート

本体鉄筋 D13

高機能止水材

橋 台 側

50~

90平

均70

アスファルト舗装

差筋アンカー D13@250差筋アンカー D13

@250

伸縮装置取付断面図 S=1:5

20

地覆部断面図

20

S=1:2

シール材

40

高機能止水材

床版側橋台側

466

0

400

0330

橋長 8690

20 桁長 8650 20

シール材高機能止水材

シール材高機能止水材

配 置 図 S=1:50

330

シール材高機能止水材

シール材高機能止水材

A1 A2

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  12/13

伸縮装置取替工詳細図

埋設型 伸縮装置

12/13

Page 13: õ M+á W >Y6õ ? «>[ · 0 010 0 015 0 010 0 015 0 010 0 015 &Å#ã w 0¿4 4(2°)T â1" 2° )z ¡ ...

S=1:40

側 面 図

S=1:40

A1 A2

20 桁長 8650 20

橋長 8690

平 面 図

A1 A2

20

桁長 8650 20

橋長 8690

0.70%

330

4000

330

4660

添 架 管 Ut-1

添 架管 Ut-2

仮 設 足 場 計 画 図[ 関 根 橋 ] 参 考 図

2800

6@1219=7314800

6@1219=7314

2 .部 材 等の 寸 法は 、 調査 把 握の 上 、最 終 決定 す る こと 。

1 .本 図 面の 断 面形 状 及び 寸 法は 、 現地 調 査を 基 に 復元 し たも の であ る 。

( 特記 事 項)

S=1:25

断 面 図

上流側 下流側

330 4000 330

4660

12191219

2000

800

2800

2810

2810

秋田市建設部道路維持課

路 線 名

工事箇所

工 事 名

図 面 名

年  度 図面番号

  令和2年度

下北手柳館字和田地内ほか

市道下北手和田線 関根橋橋梁補修工事

縮 尺  図 示

市道下北手和田線

  13/13

  仮設足場計画図

13/13


Related Documents