Top Banner

Click here to load reader

12

データセンターコンファレンス2015 Springad.impress.co.jp/pdf/20150318_dcc.pdf · 2014. 12. 12. · データセンターコンファレンス2016 Spring ・開催日:2016年3月

Sep 19, 2020

ReportDownload

Documents

others

  • 株式会社インプレス〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105Tel.03-6837-4631http://www.impress.co.jp/

    データセンター事業者を対象とした日本唯一のコンファレンス

    <データセンター事業者との接点、ビジネスチャンスをご提供します>

    データセンターコンファレンス2015 Spring―クラウド時代の「ビジネスに資するデータセンター」その姿と解を探る―

  • <データセンター事業者との接点・ビジネスチャンスをご提供します>

    サーバーやシステムを収容する固定的なファシリティから、仮想化/クラウド時代のスケーラブルなインフラサービスへ——周知のように、この数年で企業における仮想化やクラウドの導入が一段と進展し、その結果、データセンターの役割や要件が大きく変わりつつあります。

    こうした概況を踏まえ、インプレスでは、データセンターが今後進むべき指針のヒントとなるよう最新のIT関連の技術や製品・サービス、そしてファシリティーなどをデータセンターサービス提供事業者に向けて紹介する「データセンターコンファレンス」を開催しています。

    このデータセンターコンファレンスは、データセンター関連における課題を解決できる新たな技術動向や、データセンターを利用する顧客企業に対して新たな付加価値を提案・提供できるソリューションを紹介することを主眼としています。

    <本セミナーの狙い~「データセンターコンファレンス」はデータセンター事業者のための課題解決の場です>

    インプレスは2000年12月に専門媒体『データセンター完全ガイド』を創刊以来、10年以上にわたりデータセンター関連情報を総合的に読者に提供して参りました。本コンファレンスは、インプレスが蓄積してきたデータセンター事業者リストをベースに集客を行うことで、データセンター事業者のキーパーソンが集う専門性の高いコンファレンスとなっています。

    本コンファレンスは、貴社のデータセンター向けIT関連の技術や製品・サービス、ファシリティーの格好の訴求機会です。つきましては、企画趣旨をご理解の上、本コンファレンスへのご協賛をご検討いただきますようお願い申し上げます。

    企画主旨

  • ■データセンターコンファレンス2015 Spring開催日時 2015年3月18日(水)会場 ベルサール八重洲(東京)形式 セッション形式定員 150名 ※事前登録300名受講料 無料(事前登録制)主催 インプレス『データセンター完全ガイド』受講対象 データセンター事業者、ITアウトソーシング事業者、

    情報システム部門の責任者・スタッフ、その他ネットワークエンジニアなど告知 『データセンター完全ガイド』、『IT Leaders』 、その他Webサイト

    弊社主催イベント等に過去ご来場いただいたオーディエンスに対しメールにて告知、集客

    基調講演テーマ:進化を続けるデータセンターインフラ in 2015東京大学大学院情報工学系研究科教授 江崎 浩 氏

    開催概要

  • ※講演内容、登壇者、タイムスケジュールは、状況によって変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

    タイムテーブル案(予定)

    時刻 セッション枠

    09:30~10:00 <来場受付>

    10:00~10:50 50分 基調講演:東京大学大学院 情報工学系研究科 教授 江崎 浩 氏

    10:50~11:30 40分 スポンサー様セッション①

    11:30~11:50 <休憩、軽食配布>20分

    11:50~12:20 30分 スポンサー様セッション<ランチセッション>

    12:20~12:30 (休憩)

    12:30~13:10 40分 スポンサー様セッション②

    13:10~13:50 40分 スポンサー様セッション③

    13:50~14:00 (休憩)

    14:00~14:40 40分 スポンサー様セッション④

    14:40~15:20 40分 スポンサー様セッション⑤

    15:20~15:30 (休憩)

    15:30~16:10 40分 スポンサー様セッション⑥

    16:10~16:40 30分 特別講演:日本データセンター協会

  • 協賛費用

    <ご提供メニュー>1.企業講演枠(6社限定)

    ・40分のスポンサー講演枠・全登録者のパーミッションリードご提供(300件保証)・来場者フラグを入れた登録者リスト・セッション受講者フラグを入れた登録者リスト・来場者袋へのカタログインサート(3点まで)・会場での協賛社ロゴ掲出

    ご協賛費(一式):¥2,000,000.-*消費税別

    <ご提供メニュー>2.スポンサー様ランチセッション枠(1社限定)

    ・30分のスポンサー講演枠・参加者への昼食・全登録者のパーミッションリードご提供(300件保証)・来場者フラグを入れた登録者リスト・セッション受講者フラグを入れた登録者リスト・来場者袋へのカタログインサート(3点まで)・会場での協賛社ロゴ掲出

    ご協賛費(一式):¥2,000,000.-*消費税別

  • カタログスポンサーメニュー

    <ご提供メニュー>・来場者袋へのカタログインサート(1点)・開催イベント会場にてロゴ掲載

    弊社 社封筒に講演資料、アンケート用紙などと一緒に封入し、来場者一人一人に手渡しにてお配りします。

    ご協賛費(一式):¥100,000.-*消費税別

  • ■スケジュール・2015年1月 9日(金)・2015年1月19日(月)・2015年2月 2日(月)・2015年3月18日(水)

    ■お問い合わせ先株式会社インプレス営業統括部 営業2部ad-ibc@impress.co.jp

    Tel:03-6837-4631〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

    スケジュール/お問い合わせ先

    ※スケジュールは、状況によって変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

    ご協賛申込締切プログラム決定セミナー告知・集客開始(予定)セミナー開催

  • ■データセンターコンファレンス 2015 Summer・開催日:2015年6月・基調講演:アット東京(予定)

    ■データセンターコンファレンス 2015 Autumn・開催日:2015年9月・基調講演:AWS(予定)

    ■データセンターコンファレンス 2015 Winter・開催日:2015年12月・基調講演:調整中

    ■データセンターコンファレンス 2016 Spring・開催日:2016年3月・基調講演:調整中

    2015年度 開催予定

    ※スケジュールは、状況によって変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

  • 過去の開催テーマ、実績(1)■データセンターコンファレンス2010 Springテーマ:クラウド時代のデータセンター・インフラ最前線日時:2010年3月10日(水)事前登録:256名審査承認:233名全体来場:164名

    ■データセンターコンファレンス2010 Autumnテーマ:クラウド時代のデータセンター・インフラ&ソリューション最前線日時:2010年9月22日(水)事前登録:356名全体来場:225名

    ■データセンターコンファレンス2011 Autumnテーマ:最新技術で切り拓く、データセンターのファシリティとITインフラ日時:2011年9月14日(水)事前登録:304名審査承認:255名全体来場:146名

    ■データセンターコンファレンス2012 Springテーマ:データセンターを革新させるキーテクノロジー日時:2012年3月15日(木)事前登録:213名審査承認:156名全体来場:100名

    【基調講演】石狩データセンターのご紹介~2011年11月の開所から4カ月間の運用実績を元に~講師:さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中邦裕氏

  • 過去の開催テーマ、実績(2)■データセンターコンファレンス2012 Summer日時:2012年6月29日(金)事前登録:270名全体来場:151名【基調講演】日本のデータセンター関係者はもっと技術と実績に自信を持ち、世界に情報発信を!

    講師:東京大学 情報理工学系研究科教授 江崎浩氏

    ■データセンターコンファレンス2012 Autumn日時:2012年9月27日(木)事前登録:491名全体来場:313名【基調講演】SDNで実現できること、できないこと

    ~SDNはデータセンターネットワークに適しているのか~講師:東京大学 情報基盤センター ネットワーク研究部門 准教授 関谷勇司氏

    (Interop Tokyo 2012 ShowNet NOCチームジェネラリスト)【パネルディスカッション】OpenFlow/SDNは技術なのか?戦略・戦術なのか?

    ~今後のデータセンターネットワークとサーバーストレージはどう進化するのか~

    ■データセンターコンファレンス2012 Winter日時:2012年12月4日(木)事前登録:332名全体来場:161名【パネルディスカッション】OpenFlow/SDNは技術なのか?戦略・戦術なのか? その2

    ~今後のデータセンターネットワークとサーバーストレージはどう進化するのか~登壇:Open Networking Foundation エグゼクティブディレクター ダン・ピット氏【特別講演】データセンターファシリティ講演

    ~今後のデータセンターファシリティや要求される備え、運用はどうなるのか東日本大震災での経験を踏まえたファシリティと運用の見直し~

    講師:鹿島建設株式会社 iDCプロジェクト室 室長 市川孝誠氏

  • 過去の開催テーマ、実績(3)■データセンターコンファレンス2013 Spring日時:2013年3月14日(木)事前登録:326名全体来場:156名【基調講演】進化を続けるデータセンターインフラ

    講師:東京大学 情報理工学系研究科教授 江崎浩氏

    ■データセンターコンファレンス2013 Summer日時:2013年6月21日(金)事前登録:320名全体来場:159名【基調対談】ネットワーク帯域を使いまくる:ボトルネックの解消

    講師:東京大学 情報理工学系研究科 教授 江崎浩氏国立天文台・天文データセンター 大江将史氏

    ■データセンターコンファレンス2013 Autumn日時:2013年9月20日(金)事前登録:340名、当日申込:14名【基調対談】データセンター関連業界におけるビジネス構造の大変革

    講師:東京大学 情報理工学系研究科 教授 江崎浩氏デル株式会社 執行役員 エンタープライズ・ソリューションズ統括本部長 町田栄作氏

    ■データセンターコンファレンス2013 Winter日時:2013年12月4日(水)事前登録:334名、当日申込:4名当日来場:197名【基調対談】Open Compute Project Japanの活動概要と目指す成果

    講師:東京大学 情報理工学系研究科 教授 江崎浩氏株式会社データホテル 情報環境技術研究室 執行役員CTA室長 伊勢幸一氏

    (OCPJ運営委員、White Data Center Project WGリーダー)

  • 過去の開催テーマ、実績(4)■データセンターコンファレンス2014 Spring日時:2014年3月19日(水)事前登録:350名、当日申込:45名当日来場:244名【基調講演】海外データセンター事情を含めた視点からみる日本の市場性~データセンターはローカルとグローバルのバランスが重要~

    講師:エクイニクス・ジャパン株式会社 代表取締役 古田 敬氏

    ■データセンターコンファレンス2014 Summer日時:2014年6月25日(水)事前登録:350名、当日申込:42名当日来場:241名【基調対談】「温度制御」から「エネルギー制御」へのパラダイムシフト

    ~Energy Centric Software Defined Data Center Infrastructure~講師: 東京大学 情報理工学系研究科教授 江崎 浩 氏

    大阪大学 サイバーメディアセンター 先端ネットワーク環境研究部門 教授 松岡 茂登 氏

    ■データセンターコンファレンス2014 Autumn日時:2014年9月18日(木)事前登録:330名、当日申込:8名当日来場:181名【基調講演】データセンターネットワークの来るべきアーキテクチャ

    講師:東京大学 情報基盤センター 准教授 関谷 勇司 氏

    ■データセンターコンファレンス2014 Winter日時:2014年12月4日(木)事前登録:315名、当日申込:1名当日来場:193名【基調講演】 ~運用改善だけでは弱い~ コスト把握・競争力強化を目的とした測定

    講師:さくらインターネット株式会社 クラウド開発室 須藤 武文 氏株式会社ノーチラス・テクノロジーズ 代表取締役社長 神林 飛志 氏

Welcome message from author
This document is posted to help you gain knowledge. Please leave a comment to let me know what you think about it! Share it to your friends and learn new things together.