Top Banner
ArcGIS Maps for Office ユー ザー ガイド Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved.
116

ArcGIS Maps for Office ユー ザー ガイド...ArcGIS Maps for Office は、組織のArcGIS...

Apr 25, 2020

Download

Documents

dariahiddleston
Welcome message from author
This document is posted to help you gain knowledge. Please leave a comment to let me know what you think about it! Share it to your friends and learn new things together.
Transcript
  • ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved.

  • 目次

    はじめに

    ArcGIS Maps for Office について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5

    ArcGIS Maps for Office と ArcGIS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6

    マップの追加

    ArcGIS にサイン イン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    マップを Excel に追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9

    マップの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15

    マップの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18

    ベースマップの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19

    マップ設定の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    マップへのレイヤーの追加

    Excel からレイヤーの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22

    位置情報の種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31

    テーブルおよび名前付き範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35

    ArcGIS からレイヤーの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38

    レイヤーのシンボルの設定

    レイヤーのスタイルの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40

    分類方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48

    ポップアップの構成と表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50

    レイヤーの管理

    マップ コンテンツのカスタマイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54

    レイヤーのコピー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56

    レイヤーの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57

    レイヤーの表示設定の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58

    レイヤーの更新間隔の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59

    ArcGIS レイヤーの詳細の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60

    レイヤーの範囲全体にズーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61

    フィーチャのズーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62

    複数マップの表示範囲のリンク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63

    XY 座標の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 2

  • レイヤー データのエクスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66

    解析の実行

    Excel データの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69

    フィーチャの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71

    クラスタリングの構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75

    ホット スポット分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77

    近傍フィーチャの検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79

    マップの時系列データ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82

    データへの情報付加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85

    インフォグラフィックスの表示と構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87

    レポートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91

    マップとレイヤーの共有

    ArcGIS でマップを共有 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94

    ArcGIS でレイヤーを共有 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95

    マップ イメージのコピー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96

    PowerPoint の操作

    Excel から PowerPoint スライドに埋め込むことができるマップの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99

    操作可能なマップの PowerPoint スライドへの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100

    参照

    よくあるご質問 (FAQ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105

    基本用語 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111

    Copyright information . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 3

  • はじめに

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 4

  • ArcGIS Maps for Office についてArcGIS Maps for Officeは ArcGIS プラットフォームの 1 つとして提供され、Microsoft Officeおよび Microsoft Excelに地図機能を追加する Microsoft PowerPointのアドインです。ArcGIS Maps for Officeを使用すると、Microsoft Excel環境から離れずに、ArcGISや Microsoft Excelサービスのデータを対話的に操作しながらマップを作成し、組織のデータに地理的観点を取り入れることができます。Microsoft Excelから データを ArcGISで共有したり、Excel で作成した Web マップを MicrosoftPowerPointに追加したり、また画像としてマップをコピーし、自由に貼り付けることができます。ArcGIS Maps for Officeでは、Microsoft Excelから取り込んだ操作可能なマップまたは ArcGIS Onlineから取り込んだマップをスライドとしてMicrosoft Excelのプレゼンテーションに挿入し、Microsoft PowerPointへのマッピングができます。

    ArcGIS Maps for Officeアドインをインストールすると、[ArcGIS Maps] タブが、Microsoft Excelと PowerPointの両方で使用可能になります。このタブを使用して、マップを作成および管理します。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 5

    http://www.esri.com/software/arcgis/arcgisonline

  • ArcGIS Maps for Office と ArcGISArcGIS Maps for Officeを使用すると、Microsoft Officeのデータと公開されている ArcGISの地理コンテンツを組み合わせたマップを簡単に作成できます。また、ArcGISを使用して、ArcGIS Maps for Officeで作成したマップを、組織内および組織外の他のユーザーと共有することもできます。ArcGISには、組織全体、コミュニティ間で、さらには Web 上の不特定多数の人々に対してマップと地理情報を使用可能にするためのオンライン インフラストラクチャが用意されています。

    ArcGIS Maps for Officeは、組織の ArcGISサブスクリプションと直接連携するため、地理コンテンツにアクセスして、ビジネス データを強化することができます。ArcGIS Maps for Officeを使用するには ArcGISにサイン インする必要があります。管理者によるアプリケーションの設定内容によっては、ArcGISの認証情報を入力するよう求められる場合があります。サブスクリプションには、ArcGISの通貨であるサービス クレジットがいくらか含まれており、組織が使用するほとんどのArcGISサービスで使用できます。必要なサービス クレジットの数量は、使用するサービスの種類によって異なります。必要なサービス クレジット数を確認するには、「クレジットの概要」をご参照ください。

    ArcGIS Maps for Officeを使用すると、ArcGISからマップにデータを追加することで、新たな方法でデータを視覚化することができます。ArcGIS Maps for Officeで目的のマップとレイヤーを作成して、それらを ArcGISに公開して、他のユーザーと共有することができます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 6

    http://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/credits.htm

  • マップの追加

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 7

  • ArcGIS にサイン インArcGIS Maps for Officeを使用するには、ArcGIS Online組織アカウントまたは Portal for ArcGISインスタンスにサイン インする必要があります。組織サイトの管理者は、組織サイトのロールおよび権限を ArcGISアカウントに付与します。ロールは、組織サイト内でそのユーザーが実行できる機能を定義します。たとえば、ユーザー ロールが付与されている場合、アイテムの追加、Web マップの作成、およびグループへの参加が可能です。公開者ロールが付与されている場合は、ホスト フィーチャ サービスを公開できます。このロールは、ArcGIS Maps for Officeのレイヤーとマップを ArcGISで共有する際に必要となります。組織サイトの管理者は、ArcGIS Maps for Officeのその他の機能を使用するための特定の権限を持つカスタム ロールを作成することもできます。ロールがわからない場合は、組織サイトの管理者にお問い合わせください。

    注意注意: ArcGISにサイン インしていない場合、マップの画面移動/ズームとレイヤーのオン/オフ切り替えは実行できますが、[ArcGIS Maps] ツールバーは利用できません。

    ArcGIS Maps for Officeの使用を開始するには、次の手順を実行します。

    1. Microsoft Officeのメニューで、[ArcGIS Maps] タブをクリックします。[ArcGIS Maps] リボンが表示されます。

    2. [サインサイン インイン]ボタンをクリックします。ArcGISのサイン イン ウィンドウが開きます。

    3. ArcGISのユーザー名とパスワードを入力します。認証情報をローカル コンピューターに保存する場合は、[サインサイン インをインを保持する保持する]チェックボックスをオンにします。

    4. [サインサイン インイン]をクリックします。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 8

  • マップを Excel に追加マップは、データの地理的観点を示し、データを調査したり操作したりすることができます。ArcGIS Maps for Officeを使用すると、Excelスプレッドシートにあるデータをマップ上に表示できます。また、独自のデータと ArcGIS Onlineのデータを1 つのマップ上で組み合わせて、情報を視覚的に解析し、他のユーザーと共有できます。

    マップは、1 つ以上のレイヤーから成る空間ドキュメントです。レイヤーは、ArcGIS Maps for Officeが地理データセットを視覚的に表現する方法です。レイヤーは、紙の地図上の凡例項目に似ています。たとえば、道路地図では、道路、国立公園、

    行政界、河川などは異なるレイヤーと考えることができます。Excelのデータをマップに追加すると、ArcGIS Maps for Officeでレイヤーが作成され、そのレイヤーが [コンテンツ] ウィンドウに表示されます。レイヤーを作成したら、レイヤーのシンボル設定方法の構成、透過表示の設定、クラスタリングやヒート マップの有効化、ポップアップ ウィンドウの有効化などを実行できます。

    Excelワークシートには、マップを 5 つまで追加できます。各マップは自由に移動できる個別のフローティング ウィンドウで表示され、マップを別のモニターに移動させたり、必要に応じて非表示にしたりすることができます。

    注意注意: Microsoft Word を使用すると、ドキュメント内に Excelスプレッドシートを埋め込んで操作できます。このワークフローは ArcGIS Maps for Officeでサポートされていないため、推奨しません。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 9

  • データのインポートと書式設定に関する考慮事項

    フィーチャ数

    マップの作成中、不用意に大量のデータをマップに追加しようとしてしまうことがあります。マップ上でプロットしたフィー

    チャの数が多すぎると、見る人が混乱し、ビジネス データを明確に把握できなくなる可能性があります。また、解釈が難しいマップを作成したり、多数の行をマップに追加したりすると、ArcGIS Maps for Officeのパフォーマンスが低下することがあります。

    このため、ArcGIS Maps for Officeでは、マップに一度に追加できるフィーチャの数が制限されています。1 つのレイヤーにおけるデータのインポート制限は次のとおりです。

    • エリア (ポリゴン) - 15,000

    • ライン - 15,000

    • フィーチャ (ポイント) - 50,000

    1 つのマップ レイヤーに最大で 1,024 のデータ列を含めることができます。

    データに多数のフィーチャが含まれている場合は、これらのフィーチャのサブセットをマップに追加できます。たとえば、

    100,000 フィーチャが存在する場合、2 つのレイヤーを作成し、それぞれのレイヤーに 50,000 ポイントずつ配置できます。画面移動とズームのパフォーマンス上の問題を軽減するために、ArcGIS Maps for Officeでは、500 を超えるフィーチャを含むレイヤーでポイントが自動的にクラスタリングされます。クラスタリングを解除するには、マップ上のリボンにある [ポイポイントのクラスタリングントのクラスタリング]ボタンを使用します。

    データ形式

    • ほとんどの場合、特にデータに情報を付加する場合は、Excelテーブルを使用します。この場合には、データをマップに追加する前に、Excelテーブルとして書式設定しておくことをお勧めします。Excelテーブルを使用すると、ArcGIS Maps forOfficeで新しい情報を含む列をデータセットに追加することができます。詳細については、「テーブルまたは名前付き範囲」をご参照ください。

    • テキスト値の使用 - 位置情報 (郵便番号など) として使用されるデータセット内の列は、数値ではなく、テキスト値として書式設定する必要があります。ゼロで始まる数値 (郵便番号によく見られる) がデータに含まれている場合、Excelでは、これらのフィールドが数値と見なされ、先頭のゼロが除去されるため、元の値が変更されることになります。これらの列をテキ

    ストとして書式設定すると、データの正確性が確保されます。

    • 時刻書式の使用 - (日付と時刻のフィールドではなく) 時刻のみを示すフィールドがデータに含まれている場合は、ArcGISMaps for Officeでこれらの値が文字列に変換されてポップアップに表示されます。このため、実際の日付と時刻の値とは異なり、時刻のみを示す値は時系列アニメーションで使用できません。時刻の値が正しく表示されるようにするには、レイヤ

    ーを作成する前に、Excelの [セルの書式設定セルの書式設定]オプションを使用して、該当する列のすべてのセルに適用される時刻書式を選択します。

    これにより、ポップアップに表示される時刻の値と ArcGISで共有されているレイヤーまたはマップに表示される時刻の値は、マップの作成者がレイヤーを作成する前に設定した書式で表示されます。

    ArcGIS Maps for Officeの時刻書式には、Excelの標準時刻書式とは若干異なるものもあります。これらの書式の違いの一部を次の表に示します。

    Excelの時刻書式の時刻書式 ArcGIS Maps for Officeの時刻書式の時刻書式

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 10

  • 13:30:55

    30:55:2

    37:30:55

    13:30:55

    *1:30:55 PM

    1:30:55 PM

    1:30:55 PM

    13:30 13:30

    13:30 13:30

    クイック マップの追加[データの追加] ワークフローを開始すると、ArcGIS Maps for Officeで、現在アクティブな Excelテーブルまたはセル範囲が読み込まれ、位置情報の検出が試行されます。データには、住所データや緯度/経度の値などの位置情報が少なくとも 1 つ含まれていなければなりません。ArcGIS Maps for Officeでは、スプレッドシート内のデータが解析され、そのデータをマップ上で最適に表示するためのシンボルの選択肢が提示されます。候補のマップ シンボルの 1 つを選択することで、マップをスプレッドシートに簡単に追加できます。

    Excelワークブックには、マップを 5 つまで追加できます。

    マップを Excelスプレッドシートに追加するには、次の手順に従います。

    1. Microsoft Excelでワークブックを開き、マップの作成に使用する Excelテーブルまたはセル範囲内の 1 つのセルをクリックします。

    2. ArcGIS Mapsのリボン上にある [Excel] タブをクリックして、ArcGIS Mapsツールを表示します。

    3. [サインサイン インイン]をクリックし、ArcGISアカウントにサイン インします。詳細については、「ArcGIS にサイン イン」をご参照ください。

    4. [マップの追加マップの追加]をクリックします。[ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウが開き、データ固有のシンボル設定オプションが表示されます。

    注意注意: スプレッドシートに複数のテーブルまたは名前付き範囲が含まれている場合やArcGIS Maps for Officeが位置情報を検出できない場合は、[マップの追加マップの追加]ワークフロー ウィンドウが開きます。詳細については、「指定した Excel データからのマップの追加」をご参照ください。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 11

  • 5. [データデータ]、[位置情報位置情報]、および [列によるスタイル設定列によるスタイル設定]の各オプションが正しく認識されているか確認します。• [データデータ] - マップの作成に使用するスプレッドシート内のデータを選択できます。テーブル、セル範囲、または名前付き範囲からデータを選択します。詳細については、「テーブルまたは名前付き範囲」をご参照ください。

    ワークブックに複数のスプレッドシート、テーブル、または名前付き範囲が含まれている場合は、マップの作成に使用

    するデータを指定する必要があります。

    • 位置情報位置情報 - データをマップに表示する方法を決定し、スタイル設定オプションに表示される内容を制御します。住所、市区町村、座標を選択すると、位置データがポイントでマップに表示されます。都道府県またはその他の地域を位置情

    報として選択すると、そのデータがポリゴンでマップに表示されます。また、公園の境界や販売テリトリーなど、デフ

    ォルトのリストに入っていないカスタム位置情報のデータをマップに表示することもできます。詳細については、「位

    置情報の種類」をご参照ください。

    注意注意: [位置形式位置形式]をクリックして、データをマップに表示するのに必要なすべての列がArcGIS Maps for Officeで検出されているかどうかを確認します。データをマップに表示できない場合は、一部の位置情報列が正しく認識されていない可能性があり

    ます。位置情報列を手動で選択してから、再試行できます。

    • [列によるスタイル設定列によるスタイル設定] - マップ上のポイント、ライン、またはエリアの比較に使用する列を選択できます。たとえば、売上収益を基準にすべてのフランチャイズ店を比較する場合は、売上情報を含む列を選択します。スタイル設定オプシ

    ョンのリストが表示され、さまざまな方法でマップ上のレコードを比較できます。通常は、アイコンのサイズまたは色

    を変更して、レコードを比較します。レコードを比較しないでマップ上に表示するには、ドロップダウン メニューから[なしなし]を選択します。

    6. 選択可能なスタイル設定オプションをスクロールします。現在選択されているシンボル設定オプションがハイライト表示されており、その横にチェック マークが付いています。別のオプションをクリックして選択します。

    7. [データの追加データの追加]をクリックします。確認ウィンドウが開き、マップ レイヤー、位置情報、および選択されたシンボル設定オプションの作成に使用できるデータが一覧表示されます。

    ヒントヒント: 新しいレイヤーごとに確認ウィンドウが表示されないようにするには、[今後、これを今後、これを表示しません。表示しません。]チェックボックスをオンにします。マップ設定でこのチェックボックスをオフにすると、確認ウィンドウが表示されるように設定を変更することができま

    す。

    8. レイヤー オプションを確認した後、[データの追加データの追加]をクリックします。スプレッドシートのデータがレイヤーとしてマップに追加されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 12

  • 指定した Excelデータからのマップの追加スプレッドシートのデータを指定してマップを追加するには、次の手順に従います。

    1. [ArcGIS Maps] リボンの [マップの追加マップの追加]をクリックします。現在選択されている Excelテーブルまたはセル範囲に位置情報が含まれている場合は、上記と同様に、[ワークシートからワークシートからデータを追加データを追加]ウィンドウが開き、データ固有のシンボル設定オプションが表示されます。

    スプレッドシートに複数のテーブルまたは名前付き範囲が含まれている場合や ArcGIS Maps for Officeが位置情報を検出できない場合は、[マップの追加マップの追加]ワークフロー ウィンドウが開きます。

    2. [テーブルテーブル]、[セル範囲セル範囲]、または [名前付き範囲名前付き範囲]をクリックして、マップに表示するデータが含まれるスプレッドシート内のエリアを指定します。

    3. [OK]をクリックします。[ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウが開きます。

    4.5.6.7.

    マップには、新しいレイヤーをいつでも追加できます。詳細については、「Excel からレイヤーの追加」をご参照ください。

    空のマップの追加

    空のマップをスプレッドシートに追加するには、次の手順に従います。

    1. [ArcGIS Maps] リボンの [マップの追加マップの追加]をクリックします。現在選択されている Excelテーブルまたはセル範囲に位置情報が含まれている場合は、上記と同様に、[ワークシートからワークシートからデータを追加データを追加]ウィンドウが開き、データ固有のシンボル設定オプションが表示されます。

    スプレッドシートに複数のテーブルまたは名前付き範囲が含まれている場合や ArcGIS Maps for Officeが位置情報を検出できない場合は、[マップの追加マップの追加]ワークフロー ウィンドウが開きます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 13

  • 2. ウィンドウの右上隅にある [閉じる閉じる] (X) ボタンをクリックするか、[キャンセルキャンセル]をクリックして、[データの追加データの追加]ワークフロー ウィンドウを閉じます。ArcGIS Maps for Officeによって、デフォルトのベースマップを使用して、レイヤーのないマップが作成されます。

    マップには、レイヤーをいつでも追加できます。詳細については、「 Excel からレイヤーの追加」をご参照ください。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 14

  • マップの管理

    フロートティング マップとアンカー マップArcGIS Maps for Officeでは、スプレッドシートに追加するマップの操作方法を決定できます。フローティング マップを別のウィンドウ内に開いたり、アンカー マップをスプレッドシートに埋め込んだりすることができます。マップを別々に定義し、アンカー マップとフローティング マップの両方を表示することもできます。

    フローティング マップデフォルトでは、ArcGIS Maps for Officeは、マップをフローティング マップとしてスプレッドシートに追加します。フローティング マップは、Excelスプレッドシートの外部のウィンドウとして表示されます。フローティング マップを使用すると、マップを見失うことなくスプレッドシート データをスクロールできます。フローティング マップを別のモニターに移動したり、ディスプレイ全体に最大化することができ、表示する必要がない場合は、邪魔にならないように最小化することがで

    きます。フローティング マップには、濃い緑色のタイトル バーが表示されます。

    フローティング マップを操作するには、以下のオプションを使用します。• フローティング マップを別の場所または別のモニターに移動するには、マップのタイトル バーをクリックし、マップを目的の位置までドラッグします。

    • フローティング マップを非表示にするには、マップのタイトル バーにある [マップの最小化マップの最小化]ボタン ( ) をクリックします。

    • ディスプレイの最大範囲を使用してマップを表示するには、[マップの最大化マップの最大化]ボタン ( ) をクリックします。

    • マップをスプレッドシートから削除するには、マップのタイトル バーにある [マップの削除マップの削除]ボタン ( ) をクリックします。

    アンカー マップスプレッドシート内の特定の場所にマップを埋め込んでおきたい場合は、マップの左上隅にある下向き矢印を使用して、フロ

    ーティング マップを固定させることができます。アンカー マップは、ワークシート内にすでにレイアウトされているダッシュボードを作成する場合に役立ちます。アンカー マップには、固定されていることを示す薄い緑色のタイトル バーが表示されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 15

  • アンカー マップを操作するには、以下のオプションを使用します。• アンカー マップの面積を最小にするには、マップのタイトル バーにある [たたむたたむ] ボタン ( ) をクリックします。

    • 折りたたまれたマップを表示するには、[マップの表示マップの表示]ボタン ( ) をクリックします。

    • アンカー マップからフローティング マップに切り替えるには、[フローティングフローティング マップマップ]ボタン ( ) をクリックします。

    • アンカー マップを移動するには、マップのタイトル バーをクリックし、マップを目的の位置までドラッグします。

    マップの配置

    フローティング マップを表示するには、の手順を実行します。

    1. [ArcGIS Maps] リボンで、[マップの整列マップの整列]をクリックします。すべてのフローティング マップが、Excelウィンドウの横に配置されます。デフォルトでは、ウィンドウはタイル表示されます。マップが複数存在し、画面上のスペースが限られている場合は、デスクトップ領域内でウィンドウがスプレッド

    シートの横にカスケード表示されることもあります。

    マップの検索

    スプレッドシートに複数のマップが含まれている場合 (ワークブックには最大 5 つのマップを含めることができます)、[マッマップに移動プに移動]ツールを使用すると、必要なマップを素早く見つけて表示することができます。

    マップを見つけるには、以下の手順を実行します。

    1. [ArcGIS Maps] リボンで、[マップに移動マップに移動]をクリックします。[マップに移動マップに移動]ウィンドウが開き、スプレッドシート内のすべてのマップのサムネイル画像が表示されます。マップの名前と、アンカー マップの場合は、そのマップが固定されているワークシートの名前が各サムネイルの下に表示されます。

    2. 表示するマップをクリックします。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 16

  • [マップに移動マップに移動]ウィンドウが閉じ、選択したマップが選択されています。選択したマップには、黄色の枠線が表示されます。マップが最小化されていたか、折りたたまれていた場合、ArcGIS Maps for Officeはそのマップを展開します。

    マップのサイズ変更

    フローティング マップまたはアンカー マップのサイズを変更するには、マウス ポインターをマップ ウィンドウの枠線の上に置き、表示されたリサイズ アイコンをクリックして、ウィンドウのサイズを変更します。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 17

  • マップの操作

    マップの操作には複数のオプションがあります。マウスを使用して、マップを移動およびズームしたり、ズーム ツールを使用して拡大および縮小したりできます。

    マウスを使用したズームおよび画面移動

    マウスを使ってマップの探索を開始するには、マウス ポインターがマップの表示画面の中央にくるようにマウスを移動します。マウスを使った操作の詳細については、次のリストをご参照ください。

    • マップを画面移動するには、マップをクリックして、移動する方向へマップをドラッグします。

    • マップ上の特定のエリアを拡大するには、Shiftキーを押しながら四角形をドラッグして、対象エリアを指定します。

    ヒントヒント: また、マウス スクロール ホイールを使用して拡大/縮小することもできます。ホイールを上に回すと拡大し、下に回すと縮小します。

    • マップ上の特定のエリアを縮小するには、Shift+Ctrlキーを押しながら四角形をドラッグして、対象エリアを指定します。

    • マウス ポインターの位置でマップを拡大表示するには、対象ポイントをダブルクリックします。

    ズーム ツールを使用した拡大/縮小拡大 ([+]) ボタン、縮小 ([-]) ボタン、およびホーム ( ) ボタンは、マップの右下隅に表示されます。これらのボタンを使用して、簡単に拡大/縮小できます。

    これらのズーム ツールを使用するには、以下の手順を実行します。

    • 拡大する場合、[+](プラス記号) ボタンをクリックします。

    • 縮小する場合、[-](マイナス記号) ボタンをクリックします。

    • [ホームホーム]ボタン ( ) をクリックすると、デフォルトのマップ範囲に戻ります。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 18

  • ベースマップの変更

    ベースマップは、背景、つまり視覚的なコンテキスト情報をマップのデータに提供します。たとえば、道路を表示するベース

    マップは、住所データに対して具体的な位置を定義することができます。ArcGISには、航空写真、地形、道路、地形に関するデータなどの、ArcGIS Maps for Officeで利用できるさまざまな種類のベースマップが含まれています。

    Excelワークシートにマップを最初に挿入すると、マップには組織サイトのデフォルトのベースマップが表示されます。マップに表示されるデフォルトのベースマップは、ArcGIS管理者が定めます。このベースマップは、提供されている他のいずれかのベースマップにいつでも変更できます。ただし、ベースマップはすべてのマップで必要で、削除することはできません。

    ベースマップを変更するには、次の手順に従います。

    1. マップの右上隅にある [ベースマップの選択ベースマップの選択]ボタン ( ) をクリックします。ベースマップ ギャラリーが開き、利用可能なベースマップのサムネイルが表示されます。

    2. 使用するベースマップをクリックして選択します。新しいベースマップがマップに自動的に表示されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 19

  • マップ設定の構成

    ArcGIS Maps for Officeでは、マップ設定を構成して、マップをカスタマイズできます。設定は、ワークブック内のマップごとに適用できます。

    マップ設定を変更するには、次の手順に従います。

    1. マップ上の任意の場所をクリックして選択します。

    2. マップのタイトル バーにある [マップ設定マップ設定]ボタン ( ) をクリックします。[マップ設定マップ設定]ウィンドウが開きます。

    3. [マップマップ タイトルタイトル]フィールドに、マップの新しい名前を入力します。

    4. マップ上で選択したフィーチャの表示に使用する色を指定するには、[選択色選択色]ドロップダウン矢印をクリックして色選択パレットを開き、色を選択します。

    5. ArcGIS Maps for Officeによってデータ追加の手順内で確認ダイアログを表示するには、[データの追加データの追加]チェックボックスをオンにします。

    6. [適用適用]をクリックして変更内容を適用し、[マップ設定マップ設定]ウィンドウを閉じます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 20

  • マップへのレイヤーの追加

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 21

  • Excel からレイヤーの追加スプレッドシートにマップを挿入後、Excelスプレッドシート内のデータからレイヤーを追加できます。[データの追加] ワークフローを開始すると、ArcGIS Maps for Officeでは、現在選択されている Excelテーブルまたはセル範囲内のデータが解析され、そのデータをマップ上で最適に表示するためのスタイルの選択肢が提示されます。提示されたスタイルのいずれかを選

    択することで、レイヤーをマップにすばやく追加できます。クイック マップ スタイルのいずれかを選択するか、データ ソース、位置情報、およびスタイル設定オプションを手動で指定することができます。

    データのインポートと書式設定に関する考慮事項

    フィーチャ数

    マップの作成中、不用意に大量のデータをマップに追加しようとしてしまうことがあります。マップ上でプロットしたフィー

    チャの数が多すぎると、見る人が混乱し、ビジネス データを明確に把握できなくなる可能性があります。また、解釈が難しいマップを作成したり、多数の行をマップに追加したりすると、ArcGIS Maps for Officeのパフォーマンスが低下することがあります。

    このため、ArcGIS Maps for Officeでは、マップに一度に追加できるフィーチャの数が制限されています。1 つのレイヤーにおけるデータのインポート制限は次のとおりです。

    • エリア (ポリゴン) - 15,000

    • ライン - 15,000

    • フィーチャ (ポイント) - 50,000

    1 つのマップ レイヤーに最大で 1,024 のデータ列を含めることができます。

    データに多数のフィーチャが含まれている場合は、これらのフィーチャのサブセットをマップに追加できます。たとえば、

    100,000 フィーチャが存在する場合、2 つのレイヤーを作成し、それぞれのレイヤーに 50,000 ポイントずつ配置できます。画面移動とズームのパフォーマンス上の問題を軽減するために、ArcGIS Maps for Officeでは、500 を超えるフィーチャを含むレイヤーでポイントが自動的にクラスタリングされます。クラスタリングを解除するには、マップ上のリボンにある [ポイポイントのクラスタリングントのクラスタリング]ボタンを使用します。

    データ形式

    • ほとんどの場合、特にデータに情報を付加する場合は、Excelテーブルを使用します。この場合には、データをマップに追加する前に、Excelテーブルとして書式設定しておくことをお勧めします。Excelテーブルを使用すると、ArcGIS Maps forOfficeで新しい情報を含む列をデータセットに追加することができます。詳細については、「テーブルまたは名前付き範囲」をご参照ください。

    • テキスト値の使用 - 位置情報 (郵便番号など) として使用されるデータセット内の列は、数値ではなく、テキスト値として書式設定する必要があります。ゼロで始まる数値 (郵便番号によく見られる) がデータに含まれている場合、Excelでは、これらのフィールドが数値と見なされ、先頭のゼロが除去されるため、元の値が変更されることになります。これらの列をテキ

    ストとして書式設定すると、データの正確性が確保されます。

    • 時刻書式の使用 - (日付と時刻のフィールドではなく) 時刻のみを示すフィールドがデータに含まれている場合は、ArcGISMaps for Officeでこれらの値が文字列に変換されてポップアップに表示されます。このため、実際の日付と時刻の値とは異なり、時刻のみを示す値は時系列アニメーションで使用できません。時刻の値が正しく表示されるようにするには、レイヤ

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 22

  • ーを作成する前に、Excelの [セルの書式設定セルの書式設定]オプションを使用して、該当する列のすべてのセルに適用される時刻書式を選択します。

    これにより、ポップアップに表示される時刻の値と ArcGISで共有されているレイヤーまたはマップに表示される時刻の値は、マップの作成者がレイヤーを作成する前に設定した書式で表示されます。

    ArcGIS Maps for Officeの時刻書式には、Excelの標準時刻書式とは若干異なるものもあります。これらの書式の違いの一部を次の表に示します。

    Excelの時刻書式の時刻書式 ArcGIS Maps for Officeの時刻書式の時刻書式13:30:55

    30:55:2

    37:30:55

    13:30:55

    *1:30:55 PM

    1:30:55 PM

    1:30:55 PM

    13:30 13:30

    13:30 13:30

    クイック マップ レイヤーの追加候補のスタイルからレイヤーを追加するには、次の手順に従います。

    1. ArcGISアカウントにまだサイン インしていない場合は、ArcGIS Mapsのリボン上にある [Excel] タブをクリックした後、[サインサイン インイン]をクリックします。

    2. マップ上の編集する場所をクリックします。マップ ウィンドウの [ホームホーム]リボンに、マップ編集ツールが表示されます。

    ヒントヒント: マップのリボンが表示されない場合は、[ホームホーム]をクリックしてマップのリボンを展開します。

    3. [Excel]をクリックします。[ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウが開き、データ固有のシンボル設定オプションが表示されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 23

  • 4. [データデータ]、[位置情報位置情報]、および [列によるスタイル設定列によるスタイル設定]の各オプションが正しく認識されているか確認します。• [データデータ] - マップの作成に使用するスプレッドシート内のデータを選択できます。テーブル、セル範囲、または名前付き範囲からデータを選択します。詳細については、「テーブルまたは名前付き範囲」をご参照ください。

    ワークブックに複数のスプレッドシート、テーブル、または名前付き範囲が含まれている場合は、マップの作成に使用

    するデータを指定する必要があります。

    • 位置情報位置情報 - データをマップに表示する方法を決定し、スタイル設定オプションに表示される内容を制御します。住所、市区町村、座標を選択すると、位置データがポイントでマップに表示されます。都道府県またはその他の地域を位置情

    報として選択すると、そのデータがポリゴンでマップに表示されます。また、公園の境界や販売テリトリーなど、デフ

    ォルトのリストに入っていないカスタム位置情報のデータをマップに表示することもできます。詳細については、「位

    置情報の種類」をご参照ください。

    注意注意: [位置形式位置形式]をクリックして、データをマップに表示するのに必要なすべての列がArcGIS Maps for Officeで検出されているかどうかを確認します。データをマップに表示できない場合は、一部の位置情報列が正しく認識されていない可能性があり

    ます。位置情報列を手動で選択してから、再試行できます。

    • [列によるスタイル設定列によるスタイル設定] - マップ上のポイント、ライン、またはエリアの比較に使用する列を選択できます。たとえば、売上収益を基準にすべてのフランチャイズ店を比較する場合は、売上情報を含む列を選択します。スタイル設定オプシ

    ョンのリストが表示され、さまざまな方法でマップ上のレコードを比較できます。通常は、アイコンのサイズまたは色

    を変更して、レコードを比較します。レコードを比較しないでマップ上に表示するには、ドロップダウン メニューから[なしなし]を選択します。

    5. 選択可能なスタイル設定オプションをスクロールします。現在選択されているシンボル設定オプションがハイライト表示されており、その横にチェック マークが付いています。別のオプションをクリックして選択します。

    データ ソースの選択スプレッドシートに複数の Excelテーブルまたは名前付き範囲が含まれている場合や ArcGIS Maps for Officeが位置情報を検出できない場合は、新しいマップ レイヤーの作成に使用するデータ ソースを手動で指定できます。

    マップのデータ ソースを選択するには、次の手順に従います。

    1. マップのリボン上にある [Excel]をクリックします。[マップの追加マップの追加]ワークフロー ウィンドウが開きます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 24

  • 注意注意: このウィンドウは、[ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウから開くこともできます ([データデータ]ドロップダウン矢印をクリックして [詳細詳細]を選択します)。

    2. 位置情報を含むテーブル、セル範囲、または名前付き範囲を選択します。詳細については、「テーブルまたは名前付き範囲」をご参照ください。

    • テーブルを選択するには、[テーブルテーブル]セクションのドロップダウン矢印をクリックして、いずれかの利用可能なテーブルを選択します。

    • スプレッドシート内のセルの範囲を選択するには、[セル範囲セル範囲]をクリックして、範囲フィールドを表示します。[範囲の範囲の選択選択]をクリックして、スプレッドシート内の目的のセル範囲を選択してから [OK]をクリックします。セル範囲に見出しが含まれている場合は、[先頭行を見出しとして使用する先頭行を見出しとして使用する]チェックボックスをオンにします。

    • 名前付き範囲を選択するには、[名前付き範囲名前付き範囲]をクリックして、範囲フィールドを表示します。ドロップダウン矢印をクリックして、目的の名前付き範囲を選択します。名前付き範囲にヘッダーが含まれている場合は、[先頭行を見出しと先頭行を見出しとして使用するして使用する]チェックボックスをオンにします。

    3. [OK]をクリックします。[ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウが開きます。このウィンドウからマップの位置情報とシンボル設定オプションを選択して、データをマップに追加するワークフローを継続できます。

    位置情報の選択

    Excelデータをマップに追加するには、位置情報として住所、緯度/経度の値 (座標)、または場所名 (米国の都市、米国の郡、州、世界の都市、国、郵便番号など) のうち少なくとも 1 つが、スプレッドシート データに含まれていなければなりません。また、ArcGIS組織サイトでホストされたサービスに基づいて、公園の境界や組織の販売テリトリーなどの位置情報を追加したり、ArcGISのマップまたはフィーチャ サービスからカスタムの座標系を指定することもできます。

    ArcGIS Maps for Officeでは、組織の管理者が設定したデフォルトのジオコーダー (位置情報) が自動的に使用されます。複数のジオコーダーを構成し、そのうちの 1 つをデフォルトとして設定できます。詳細については、ArcGIS 管理者にお問い合わせください。

    位置情報を選択するには、次の手順に従います。

    1. [ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウで、[位置情報位置情報]ドロップダウン メニューからデフォルトの位置情報のいずれかを選択します。

    目的の位置情報がデフォルトの位置情報に含まれていない場合は、[詳細詳細]をクリックして [位置情報の選択位置情報の選択]ウィンドウを表示します。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 25

    http://doc.arcgis.com/EN/MAPS-FOR-OFFICE/HELP/ESSENTIAL-VOCABULARY.HTM#ESRI_SECTION1_350462757BF94513A17172D94BAD2C54

  • 2. データに対して適切な位置情報を選択します。たとえば、スプレッドシートに州の情報が含まれている場合は、[州州 (複数複数)]を選択します。選択した位置情報にチェックマークが表示されます。

    3. [確定確定]をクリックします。ArcGIS Maps for Officeは、選択した位置情報を、データ内の対応する列と自動的に関連付けようとします。位置情報が見つからない場合や、正しいフィールドがすべて特定されたことを確認するには、追加情報を指定する必要があります。

    注意注意: 複数の州に同じ郡名が存在する可能性があるため、[郡郡 (複数複数)] (米国) 位置情報を選択した場合は、マップ上に正確な結果が表示されるように、[州 (複数)] を含む列も定義することをお勧めします。

    4. [位置形式位置形式]をクリックします。選択した位置情報に応じて、異なるダイアログ ボックスが表示されます。

    5. ドロップダウン メニューを使用して、位置フィールドに対応する適切なデータ内の列を選択します。たとえば、スプレッドシートに州の情報が含まれている場合は、[州州 (複数複数)]位置情報を選択し、その位置情報をデータ内の [州州]列と照合させます。

    6. [OK]をクリックして、[データの追加データの追加]ワークフロー ウィンドウに戻ります。

    注意注意: 一部の位置情報では、情報ウィンドウの範囲が [データの追加データの追加]ウィンドウの表示範囲を超えることがあります。このウィンドウを一番下までスクロールすると、[OK]ボタンが表示されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 26

  • 列によるスタイル設定

    データに売上などの数値情報が含まれる場合、ArcGIS Maps for Officeで、マップ上のポイント、ライン、エリアと比較する列を選択できます。たとえば、収益を基準にすべてのフランチャイズ店を比較する場合は、売上収益情報を含む列を選択しま

    す。ポップアップが表示され、さまざまな方法でマップ上のレコードを比較できます。

    列によるスタイル設定を行うには、次の手順に従います。

    1. [ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウで、[列によるスタイル設定列によるスタイル設定]ドロップダウン矢印をクリックして、レイヤーのスタイル設定に使用する列を選択します。

    位置ごとに個別のフィーチャのみを使用してレコードをマップに表示する場合は、[]を選択します。

    スタイル設定オプションが更新され、指定した位置情報に基づいて候補のスタイルが反映されます。

    2. レイヤーに使用するスタイルを選択して [データの追加データの追加]をクリックします。確認ウィンドウが開き、マップ レイヤー、位置情報、および選択されたシンボル設定オプションの作成に使用できるデータが一覧表示されます。

    ヒントヒント: 新しいレイヤーごとに確認ウィンドウが表示されないようにするには、[今後、これを今後、これを表示しません。表示しません。]チェックボックスをオンにします。マップ設定でこのチェックボックスをオフにすると、確認ウィンドウが表示されるように設定を変更することができま

    す。

    3. [データの追加データの追加]をクリックします。スプレッドシートのデータがレイヤーとしてマップに追加されます。

    データに重複するエリアが含まれている場合、レイヤーを作成する前に、データを集約することができます。詳細につい

    ては、「エリアの集約」をご参照ください。

    カスタム位置情報の追加

    組織に ArcGISで共有されている独自の境界線がある場合、位置情報として追加することで、その境界線を使用してデータをマップに表示できます。カスタム境界線には、販売地域、区域境界、その他の定義エリアを含めることができます。

    注意注意: 組織に固有のカスタム位置情報を構成する方法については、ArcGIS Maps for Officeインストール ガイドの「カスタム ジオコーダーの構成」をご参照ください。

    位置情報を追加するには、次の手順に従います。

    1. [ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウで、[位置情報位置情報]ドロップダウン矢印をクリックして、[詳細詳細]を選択します。[位置情報の選択位置情報の選択]ワークフロー ウィンドウが開きます。

    2. [カスタムカスタム]タブをクリックしてから [位置情報の追加位置情報の追加]をクリックします。[位置情報の追加位置情報の追加]ウィンドウが開きます。

    3. 位置情報として使用するホストされたサービスについて、ArcGIS全体を検索するか、グループまたはコンテンツを参照します。

    • 検索フィールドに検索クエリを入力して、Enterキーを押します (または虫眼鏡のアイコンをクリックします)。

    • グループまたはコンテンツのフォルダーをクリックして、利用可能なサービスを表示します。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 27

  • 4. 目的のホストされたサービスをクリックします。[位置情報の追加位置情報の追加]ウィンドウに、ホストされたサービスで利用可能なレイヤーが表示されます。

    5. [位置情報として使用するレイヤーの選択位置情報として使用するレイヤーの選択]ドロップダウン メニューから、位置情報として使用するレイヤーを選択します。

    6. スプレッドシートのデータをホスト サービスのフィーチャと照合させる場合に使用する列 (1 つまたは複数) の横にあるチェックボックスをオンにします。

    両方の場所 (スプレッドシートとホスト サービス) で使用する値は、必ず同じ種類 (数値またはテキスト) であり、同じ書式設定でなければなりません。この条件を満たしていない場合は、カスタム位置情報を使用できません。

    7. 位置情報に一意の名前を入力して [位置情報の追加位置情報の追加]をクリックします。

    注意注意: 設定した名前がすでに存在する場合、[位置情報の追加位置情報の追加]ボタンは使用できません。

    これで、新しい位置情報を [カスタムカスタム]タブで使用できるようになりました。

    注意注意: [カスタムカスタム]リストから位置情報を削除するには、位置情報をクリックして選択し、[位置情報の削除位置情報の削除]をクリックします。

    エリアの集約

    データに重複するエリアが含まれている場合、それらのデータを集約して、わかりやすい情報に集計 (平均、合計、個数) することができます。たとえば、州の位置情報を使用してマップを作成するときに、データの売上結果が州内の郵便番号ごとに

    細分化されている場合、マップ上で州のポリゴンをクリックしたら州内の売上の合計が表示されるように、情報を集計できま

    す。

    データを集約するには、次の手順を実行します。

    1. 位置情報を選択した後、データに重複するエリアが含まれている場合は、[オプションの選択オプションの選択]ウィンドウが開きます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 28

  • 2. [エリアの集約エリアの集約]セクションで、[選択選択]をクリックします。

    3. 位置情報列の値の集計方法を選択します。[合計合計]、[平均平均]、または [個数個数]を選択します。

    4. 必要に応じて、属性として追加する列を選択し、各列に対する操作を指定します。

    5. [次へ次へ]をクリックします。確認ウィンドウが開きます。

    6. [データの追加データの追加]をクリックします。ArcGIS Maps for Officeは、Excelワークブック内にピボットテーブルを作成し、このテーブルを使用して、マップ上に新しいレイヤーを作成します。

    カスタム座標系の追加

    標準の WGS、Web メルカトル、その他のよく知られている座標系以外の空間参照を使用するために、ArcGIS組織サイトからマップ サービスまたはフィーチャ サービスを指定して、その座標系をインポートしてマップ上にデータを表示することができます。

    カスタムの座標系を追加するには、次の操作を行います。

    1. [ワークシートからデータを追加ワークシートからデータを追加]ウィンドウで、[位置情報位置情報]ドロップダウン メニューから [座標座標]を選択し、[位置形式位置形式]をクリックします。

    2. [経度経度 (X)]および [緯度緯度 (Y)]ドロップダウン メニューを使用して、位置フィールドに対応する適切なデータ内の列を選択します。

    3. [空間参照の選択空間参照の選択]ウィンドウで、[その他その他]を選択し、[インポートインポート]をクリックします。新しいウィンドウに ArcGIS組織サイトで利用可能なコンテンツが表示されます。

    4. スプレッドシート データ形式でカスタムの空間参照を使用するマップまたはフィーチャ サービスを参照または検索します。マップまたはフィーチャ サービスの詳細を表示するには、[詳細詳細]をクリックします。

    5. [選択選択]をクリックして、マップまたはフィーチャ サービスを選択します。[カスタム空間参照のインポートカスタム空間参照のインポート]ウィンドウが開き、選択した空間参照の詳細が表示されます。

    6. [エイリアスエイリアス]テキスト ボックスに、カスタム座標系に一意の名前を入力します。

    7. [インポートインポート]をクリックして、空間参照をインポートします。[その他その他]ドロップダウン メニューの上部に新しい座標系が表示されます。

    8. 座標を使用してデータをマップに追加するときに、このカスタム空間参照をデフォルトの空間参照に設定するには、[デフデフォルトとして使用ォルトとして使用]チェックボックスをオンにします。

    9. [OK]をクリックして、[データの追加データの追加]ワークフロー ウィンドウに戻ります。

    データ エラーの修正マップ レイヤーを作成した際に、一部のデータが有効でないか、不足していると、ArcGIS Maps for Officeで、有効なデータだけを使用してレイヤーが作成され、読み込めなかった行がすべて報告されます。これらのエラーは、マップの [コンテンツコンテンツ]ウィンドウで直接修正することができます。

    データのエラーを修正するには、次の手順を実行します。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 29

  • 1. [コンテンツコンテンツ]ウィンドウで、レイヤー名の下に表示されたメッセージ内にある [エラーの修正エラーの修正]をクリックします。

    [エラーの修正エラーの修正]ウィンドウが開きます。

    2. 新しい情報を入力するか、無効なフィールドを修正します。

    3. [再検索再検索]をクリックします。ArcGIS Maps for Officeで、更新情報が検索され、マップが更新されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 30

  • 位置情報の種類

    Microsoft Excelからデータを追加するとき、データを適切に表現することができる ArcGISの位置情報の種類を選択します。Excelから取り込んだ位置情報は、お持ちのビジネス データと指定した位置情報とを参照するために使用されます。

    デフォルトの位置情報の種類

    組織で ArcGIS Onlineを使用している場合、次のデフォルトの位置情報を使用できます。Portal for ArcGISを使用している場合、リストの先頭にある 2 つの位置情報 ([住所] と [緯度、経度]) だけがデフォルトでサポートされます。

    • 住所 - 組織の地域に応じて、住所データは住所、地区、都市、小区域、地域、州 (state, province)、郵便番号、郵便番号 (米国)、国などで構成されます。データに含まれている住所項目が多いほど、結果の精度が高くなります。住所の項目は、別々のフィールドにしたり、1 つのフィールド (1 行形式の住所) に含めたりできます。どちらの方式でも住所を検索できますが、すべての住所エレメントを利用し、それらを別々のフィールドに格納した方が、最も正確な結果が得られます。

    注意注意: • 1 つのマップ レイヤーに最大で 1,024 の列を含めることができます。

    • [住所] 位置情報を使用できるのは、管理者が組織のジオコーダーを指定している場合に限ります。ArcGIS Onlineのデフォルト設定では、住所の検索に Esri WorldGeocode Serviceが使用されますが、複数のジオコーダーを指定し、そのうちの 1つをデフォルトのジオコーダーとして設定することができます。Esri WorldGeocode Service を使用している場合のサポート対象国については、「ジオコードの有効範囲」をご参照ください。

    ArcGIS管理者が一部の機能に対するクレジット制限をユーザーに課している場合があり、リクエストを実行するためのクレジットが不足しているというメッセージ

    が表示されることがあります。その場合は、管理者に連絡してください。

    • 緯度、経度 - 緯度と経度の値は、マップ上の X,Y 座標を表します。World Geodetic Survey 1984 (WGS84) または Web メルカトル座標系の XY 座標データをマッピングできます。緯度 (Y) の値が -90 ~ 90 で、経度 (X) の値が -180 ~ 180 の場合、WGS84 を使用します。緯度と経度の値がメートル単位で小数点以上 (左側) が 6、7、8 桁の場合、Web メルカトルを使用します。ArcGISがサポートしている多くの座標系のいずれかを選択することもできます。詳細なリストについては、「地理座標系」をご参照ください。

    または、使用する空間参照を含むマップ サービスまたはフィーチャ サービスを ArcGIS組織サイトから選択して、カスタムの座標系を指定することもできます。

    • 標準行政区域 (ArcGIS Online のみ) - 標準行政区域には、州 (state, province)、郵便番号 (米国)、郵便番号、国などが含まれます。使用できる行政区域は、設定している地域によって決定されます。州 (state)、州 (province)、郵便番号、ZIP コード(米国の郵便番号)、および国は、マップに形状と場所の位置を表すポリゴンとして追加されます。ArcGIS Maps for Officeのデフォルト設定では、標準行政区域の検索に Esri GeoEnrichment Serviceが使用されますが、複数のジオコーダーを指定し、そのうちの 1 つをデフォルトのジオコーダーとして設定することができます。Esri GeoEnrichment Service を使用している場合の詳細については、「Esri GeoEnrichment Service の有効範囲」をご参照ください。

    カスタム位置情報

    デフォルトの位置情報ではデータを表現できない場合、ArcGISのダイナミックマップ サービスまたはフィーチャ サービスを指定して、位置情報として使用することができます。たとえば、組織に固有の境界線 (給水区域、販売地域、区域境界など)がある場合、ビジネス データ内の行と、位置情報として使用されるサービス内の形状の間に 1 対 1 の関係がある限り、デフ

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 31

    https://developers.arcgis.com/features/geocoding/https://developers.arcgis.com/features/geocoding/http://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/geocode-coverage.htmhttp://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/geocode-coverage.htmhttp://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/credits.htmhttp://resources.arcgis.com/en/help/arcgis-rest-api/index.html#/Geographic_coordinate_systems/02r300000105000000/http://resources.arcgis.com/en/help/arcgis-rest-api/index.html#/Geographic_coordinate_systems/02r300000105000000/https://developers.arcgis.com/features/geo-enrichment/http://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/geoenrichment-coverage.htm

  • ォルトの位置情報の代わりにそれらの位置情報を使用して、データをマッピングすることができます。ArcGIS Maps forOfficeは、フィーチャ サービスとマップ サービスをサポートしています。

    カスタム位置情報を構成する方法の詳細については、ArcGIS Maps for Officeインストール ガイドの「カスタム ジオコーダーの構成」をご参照ください。

    マップで使用する位置を追加する方法の詳細については、「カスタム位置情報の追加」をご参照ください。

    カスタム座標系

    標準の WGS、Web メルカトル、その他のよく知られている座標系以外の空間参照を使用するために、ArcGIS組織サイトからマップ サービスまたはフィーチャ サービスを指定して、その座標系をインポートしてマップ上にデータを表示することができます。詳細については、「カスタム座標系の追加」をご参照ください。

    位置情報の選択

    ArcGIS Maps for Officeを使用してデータをマップ上にプロットする場合、正しい位置情報を選択することが重要です。

    住所および緯度、経度

    [住所住所]位置情報を選択した場合、デフォルトではポイントの生成に Esri World Geocoder が使用されますが、ArcGIS管理者は組織で使用するジオコーダーを別に構成し、そのうちの 1 つをデフォルトのジオコーダーとして設定することもできます。

    [緯度、経度緯度、経度]位置情報の場合は、識別された X,Y 位置情報の列に含まれるデータを使用して、ポイントが生成されます。

    標準行政区域およびカスタム位置情報

    標準行政区域またはカスタム位置情報を選択した場合、選択した位置情報の指定した列を使用して、適切なシェープが特定お

    よび取得されます。これには、キーとなる共通の列を使用して、データの行を位置情報に関連付けます。通常、ArcGIS Mapsfor Officeでは、標準行政区域の検索に Esri GeoEnrichment Service が使用されますが、ArcGIS管理者は組織で使用するジオコーダーを別に構成し、そのうちの 1 つをデフォルトのジオコーダーとして設定することもできます。

    データ内の列名は、位置情報の列名と一致する必要はありません。ただし、一致させるために列内の値の順序は同じである必

    要があります。データの行を検索できない場合、つまり位置情報から形状を取得できない場合、その行には NULL が割り当てられるため、マップ上に描画されません。次の表に、それぞれの位置情報でサポートされているキーを示します。

    位置情報位置情報 シェープシェープ タイプタイプ サポートされるキーサポートされるキー米国の州 ポリゴン 以下が必要です。

    • [州州] - 州名。フル ネーム、2 文字の略称、または州の FIPS コードを使用できます (例: "New York"、"NY" または 36)。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 32

  • 郵便番号 (米国) ポリゴン 次のいずれかが必要です。

    • [ZIP コードコード] - ZIP コード (例: "92373")。• [ZIP+4 コードコード] - ZIP コード + 4 桁 (例: "92373-8100")。

    都市 (世界) ポイント 以下が必要です。

    • [都市都市] - 都市名 (例: "Budapest")。

    必要に応じて、以下を指定できます。

    • [国国] - 国名または ISO-3166 alpha 2 コード (例: "France" または"FR")。

    国 ポリゴン 以下が必要です。

    • [国国] - 国名または ISO-3166 alpha 2 コード (例: "France" または"FR")。

    カスタム ポイント、ライン、またはポリゴン (選択したマップま

    たはフィーチ

    ャ サービス レイヤーによっ

    て決定されま

    す)

    ArcGIS Onlineまたは Portal for ArcGISの管理者によって構成されます。

    レイヤーをマップに追加する場合に、ArcGIS Maps for Officeで使用されます。「カスタム位置情報の追加」をご参照ください。

    標準行政区域またはカスタムの位置情報を使用してデータを特定する場合、入力データの行と、選択した位置情報のシェープ

    の間に 1 対 1 の関係があることが重要です。1 対 1 の関係では、入力データの各行がマップ上の 1 つのシェープと対応します。次の例では、入力データ (州別の利益) の各行が 1 つの米国の州と対応しています。[州州]の列は一意のキーを表しています。そのため、入力データの各行のシェープを簡単に判定して、マップ上に描画することができます。この例では、州別の利

    益という入力データの各行 (Arizona など) に対応して、1 つのポリゴンの形状が描画されます。

    適切な位置情報を選択しないと、予期しない結果になる可能性があります。これは、入力データと選択した位置情報のシェー

    プが多対 1 または 1 対多の関係になっている場合に、間違った位置情報が選択されるためです。

    州内の複数の郵便番号などの重複するエリアがデータに含まれている場合、データを集約して、位置の値を集計することがで

    きます。データを集約しない場合、各フィーチャは積み重なってマップ上に描画されます。次の例では、入力データは郵便番

    号別の利益を示しています。また、このデータには米国の州の情報も含まれています。ここでは、郵便番号が入力データの一

    意のキーを表しています。所定の米国の州には、多くの郵便番号があります。[米国の州米国の州]位置情報を選択した場合、つまり、

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 33

  • [州州]を一意のキーとして扱う場合、各入力行は関連付けられている州で特定され、入力データの行と、位置情報のシェープとの間に多対 1 の関係が作成されます。これは、多くの入力行に対応するポリゴン シェープが、マップ上に直接、重ねて描画されることを意味します。この例では、Arizona が 4 回描画されます。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 34

  • テーブルおよび名前付き範囲

    ArcGIS Maps for Officeでは、[データの追加] ウィザードで使用するワークブック内のテーブルと名前付き範囲が自動的に検出されます。ワークブックにテーブルまたは名前付き範囲がない場合、セルの範囲を手動で指定して、[スプレッドシートのデータの追加] ウィザードで使用できます。スプレッドシートにテーブルまたは名前付き範囲が含まれている場合、[ワークシワークシートからデータを追加ートからデータを追加]ウィンドウで、現在の選択セットに従ってそのテーブルまたは名前付き範囲が自動的に設定されます。

    データを、マップに追加する前にテーブルに変換することを強くお勧めします。スプレッドシート データを Excel テーブルに変換すると、ArcGIS Maps for Officeでテーブルに情報の新しい列を追加できるようになります。また、さまざまな方法でデータをフィルタリングできるようになり、マップが自動的に更新され、変更内容がテーブルに反映されます。

    テーブルを作成するには、リボン上の [挿入挿入]タブをクリックした後、[テーブルテーブル]をクリックします。データが含まれている範囲を選択し、[OK]をクリックします。これで、ArcGIS Mapsタブから [データの追加データの追加]ボタンを使用して、このテーブルの場所をマップに追加できるようになります。

    注意注意: Microsoft Excelのスプレッドシートは、テーブルまたは名前付き範囲と同じではありません。テーブルまたは名前付き範囲は、スプレッドシートのユーザーが特別に作成

    したアイテムです。詳細については、「Excel テーブルの概要」をご参照ください。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 35

    http://office.microsoft.com/en-us/excel-help/overview-of-excel-tables-HA010342749.aspx?CTT=1

  • ワークブックにテーブルまたは名前付き範囲が含まれているかどうかわからない場合、Excelの [数式数式]タブにある [名前の管名前の管理理]を使用して、テーブルおよび名前付き範囲のリストを表示します。

    ヒントヒント: セル範囲を選択する場合は、ドラッグしてマウス ポインターを目的のセル グループに合わせます。列ヘッダーまたは行番号を使用してセルを選択しないでください。列ヘッダ

    ーまたは行番号を使用すると、ワークシート全体が選択されるため、パフォーマンスに

    悪影響を与える場合があります。詳細は、「ワークシート上のセル、範囲、行、または

    列の選択」をご参照ください。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 36

    http://office.microsoft.com/en-us/excel-help/select-cells-ranges-rows-or-columns-on-a-worksheet-HP010342878.aspx?CTT=1http://office.microsoft.com/en-us/excel-help/select-cells-ranges-rows-or-columns-on-a-worksheet-HP010342878.aspx?CTT=1

  • ピボット テーブルは、分析データのサマリーを作成するときに使用する Excelの特別なタイプのテーブルです。データを追加すると、ArcGIS Maps for Officeは、[データの追加] ウィザードで使用できるピボット テーブルを自動的に検出し、必要に応じて追加します。ピボットテーブルに、サポートされていないデータ タイプが含まれているか、階層や複数の行ラベルが含まれている場合、そのピボットテーブルは [データの追加] ウィザードに追加されません。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 37

  • ArcGIS からレイヤーの追加ArcGIS Maps for Officeは ArcGISプラットフォームと直接連携しているため、組織内のコンテンツを検索したり、管理者が有効にしている場合は、Esri、地方自治体、世界中の機関などの GIS コミュニティが公開しているパブリック コンテンツを検索したりすることができます。ArcGISからデータを追加することで、マップにコンテンツを追加して、既存のスプレッドシート データを迅速かつ簡単に補うことができます。たとえば、店舗の候補地として挙げられいる場所のデータがある場合、ArcGISから該当する地域の世帯収入レイヤーを追加し、候補地の周辺の状況を把握することができます。

    ArcGISからレイヤーを追加するには、次の手順に従います。

    1. まだサイン インしていない場合は ArcGIS にサイン インして、スプレッドシートにマップを追加します。

    2. マップの [データの追加データの追加]リボン グループから [ArcGIS]を選択します。

    3. 次のいずれかの方法で、マップに追加するレイヤーを検索します。• 検索フィールドに 1 つ以上のキーワードを入力して、Enterキーを押して (または虫眼鏡をクリックして)、ArcGIS全体を検索します。必要な場合は、[組織組織]をクリックして、組織内で共有しているレイヤーに結果を絞り込みます。

    • 人気の高い検索カテゴリのいずれかを選択すると、該当カテゴリ内で利用できる Esri 提供のマップおよびサービスを表示することができます。

    注意注意: 組織の管理者が組織外部のコンテンツを検索できないように制限している場合、検索結果は組織内の情報だけになります。

    4. マップを、追加するデータの範囲全体に拡大する場合は、[データにズームデータにズーム]のチェックボックスをオンにします。

    5. 必要なサービスを見つけて、その横にある [追加追加]ボタンをクリックします。

    注意注意: 追加するデータによっては、ArcGISサービス クレジットが消費される場合があります。使用されるサービス クレジット数を確認するには、「クレジットの概要」をご参照ください。

    データを含むレイヤーがマップに追加され、[コンテンツコンテンツ]ウィンドウに表示されます。

    注意注意: • マップに追加されるのは操作レイヤーだけです。ベースマップは追加されません。

    • ArcGISレイヤーの詳細を表示するには、[コンテンツ] ウィンドウの下部にある[レイヤーの詳細レイヤーの詳細]ボタンをクリックします。

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 38

    http://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/credits.htm

  • レイヤーのシンボルの設定

    ArcGIS Maps for Office ユーザー ガイド

    Copyright © 1995-2018 Esri. All rights reserved. 39

  • レイヤーのスタイルの変更

    マップは、データをさまざまな表現で視覚化して、そのデータに関する理解をさらに深めることができる強力なツールです。

    たとえば、各国の人口データを一連の色 (薄い色から濃い色に変化するなど) で表示したり、等級別の円 (小さい円から大きい円に変化するなど) で表示したりすることができま